米国の砂漠で発見の「美しすぎるオアシスの写真」が話題に!その正体とは?

potash-ponds-utah-9

 

オアシス+砂漠の写真が凄い事に!

 

オアシスといえば、砂漠などに突如として現れる“楽園の定番”のような場所のことです。詳しい定義で言えば、以下のようになります。

 

オアシス(英語:Oasis)とは、砂漠やステップといった乾燥地域において、淡水が存在する場所・・・ — Wikipedia

 

あなたに質問:オアシスと言えば、こんな様子を想像しますか?

オアシス 砂漠 人工池 画像

Image: Wikipedia

このオアシスを想像しているようではまだまだ・・・“定番すぎ”です!

 

ここで緊急報告:オアシス界でも群を抜く美しさの“絶景オアシス”が砂漠で発見されました。「砂漠にあるとは信じられない画像だ!」と話題の、その様子をご紹介します!

 

ユタの砂漠に現れた不思議なオアシス!

 

オアシス+砂漠=絶景人工池?

Image: Amusing Planet

記事の冒頭にも登場したこの画像。こんなオアシスが砂漠に現れたら驚きを隠せません!しかし実際に発見されたのです。その場所はアメリカ、ユタ州の砂漠!

 

オアシス+砂漠=絶景人工池?

Image: Amusing Planet

こちらはどうでしょう?明るい青、濃い青、そしてクリーム色のオアシス・・・!

 

砂漠のオアシスは人工池?蜃気楼?

 

オアシス+砂漠=絶景人工池?

Image: Amusing Planet

この砂漠に出現した不思議すぎるオアシス・・・その正体は、人工的につくられた池でした!

 

アメリカ最大の塩化カリウムの製造業者Intrepid Potashが、砂漠のど真ん中に、人工池を設置しました。この美しすぎる人工池は、正確には蒸発池(Evapolation Pond)というものです。

 

 

砂漠のオアシス:その役割とは?

 

オアシス+砂漠=絶景人工池?

Image: Amusing Planet

蒸発池の仕組みを簡単にお話しましょう。

 

まず地面にドリルで穴を掘ります。そこに熱湯を流し込み、地中にあるカリウムを分解します。最終的にできる水(塩水)が取り出され、写真にあるような人工池に入れられます。後は太陽の力を借りて水を蒸発させ・・・カリウムの結晶とその他の塩が残る仕組みです!

 

砂漠のオアシスはやっぱり美しい!

 

オアシス+砂漠=絶景人工池?

Image: Amusing Planet

近くで見るとさらに美しい!砂漠のオアシスと呼ばれても不思議ではない・・・?

 

実際、この人工池(蒸発池)には人の手による着色料が加えられています。これは太陽による蒸発を助けるためのものです。結果的に、美しいオアシスが出来上がったという訳ですね。

 

オアシスは、ちょっと地球の産物?

 

オアシス+砂漠=絶景人工池?

Image: Amusing Planet

もっと詳しく

この点について考えてみましょう:どこからカリウムが来ているのか?実は、これは海から来ています。もともと海であった場所の水が蒸発し、カリウムが結晶化。これが長い時間をかけて、カリ鉱石になります。このカリ鉱石が、ここにある絶景オアシスの出発点という事です!

 

さらに驚くべきことに、一連の蒸発のプロセスには300日がかかるとのことです!まさに大自然の産物!

 

ウユニ塩湖とも戦えるレベル?の絶景でした!

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)