ピラミッドの謎:宇宙人説VS古代エジプト人説

giza-pyramids

 

ピラミッドの謎!

 

ギザのピラミッド(以下、ピラミッド)は、謎に溢れた存在です。世界を代表する立派な観光地でありながら、まだ分からないことがたくさん…。そんな中でも、興味深い「謎」に迫っていきましょう!

謎が多ければ多い程、必死になって真実を追い求めてしまうものです。

 

 記事最後で、気軽に観られて興味深い、ピラミッドの謎に迫った動画を紹介中!

 

本編はピラミッドに関する第二弾の記事です。第一弾をまだ読んでないという方は、こちらからどうぞ:【ピラミッドの不思議】99%の人類が知らないギザのピラミッド7の事実

 

ピラミッドの謎×宇宙人

 

まずは、ピラミッドと宇宙人との関係を探りましょう。これについては、多くの人によって、色々な説が唱えられています。まずは、「宇宙人がピラミッドをつくったのではないか」という主張を考えてみましょう。

 

ピラミッドは宇宙人がつくった?

 

ピラミッドの並び方に秘密が?

 

SuperimposingOrionsBeltovertheGizaPyramids

Image: DigitalGlobe

 

この説の中で、真っ先に触れられるのが、ピラミッド位置でしょう。これは、

【ピラミッドの不思議】99%の人類が知らないギザのピラミッド7の事実でも話したことですが、このようになっています。

 

メンカウラー王、カフラー王、クフ王、三つのピラミッドが有名ですが、これらのピラミッドでオリオン座と同じ星の並び方が再現されています。

 

面白いですね。オリオン座を重ねてみると、非常にピッタリと当てはまります。「相当な、星の観測技術を持っていた」ということなのでしょうか?それとも、宇宙人が…?

 

ピラミッドの位置関係はさらに凄い?

 

さらに、この星座との異常なまでの類似が、仮に「関係無いもの」だとしても、もう一つ面白い一致が見られます!

 

上で説明された三つのピラミッドは、北磁極(天体の北半球の地表面で、磁力線の方向が鉛直になっている地点)と、非常に似た配列になっているとのことです。これを知るには、方位磁石を使う必要があるのですが…これが発明されたのは、ピラミッドが建造された数千年も後のことです。

 

poles

Image: Jung Currents.com

 

ピラミッドの巨石を動かす怪力?

 

ピラミッドの建造に使われたのは、非常に巨大な石です。大きいものでは、一つだけで、50トンにもなります!そんな巨石をどのように移動したのか?…宇宙人?

 

どう見ても近代的な部品が?

 

こんな話があったらどうでしょうか?近代的な機械の一部にしか見えないような物体が、エジプト考古学博物館(Cairo Egyptian Museum)に展示されています。以下の動画をご覧下さい。

 

 

英語が分かる必要はありません。その物体を確認して下さい。動画内には、「エンジニアが見れば、何かの駆動(回転)部分に見えるだろう」とあります。不思議ですね!あなたはどう思いますか?

 

ピラミッドをつくったのは宇宙人ではない?

 

そもそも人間の考え方が甘い?

 

もちろん、反対意見もあります。「ピラミッドを宇宙人がつくった」という説は考えられない、又は、考えにくいと主張する人たちです。ここに、面白い一言があります。

 

… some people see the concept of civilization as progressive, that humans only continue to improve upon the past, …

(出展:The eloquent peasant

 

「… 文明化という概念を、発展によって語ろうとする者もいる。人間は過去から、未来に向かって、進化だけするものである、というように。… 」

 

つまり、「未来に存在する私たち」が理解できないのだから「過去のエジプトの人々」がそれをつくれる訳がない…とする勝手な大前提(思い込み)があるということ。

実際、そう決めつけてはいけないかもしれません…!

 

巨大な石には水を使う?

 

先ほど、「ピラミッド建造のために巨石を移動する」というお話をしましたね?覚えていますか?

これについて、実は、宇宙人ではなく、人間によって実現することが可能であるとした面白い発見(説)があります!

 

その方法の鍵を握るのが、水です。最新の研究(APS Physics公開の研究結果はこちら)によると、地面に少量の水を加えることで、石を滑らせた時の摩擦が圧倒的に軽減されるそうです。

なんと、これにより、ピラミッド建造に必要な人手は半分で済ませられるというから驚き!

 

PhysRevLett.112.175502

Image: APS Physics

 

上の画像にあるように、実際に砂の上で重りを滑らせる実験が、アムステルダム大学のダニエル・ボン(Danniel Bonn)教授により行なわれました。

 

左の画像は、乾燥した砂です。ご覧の通り、砂が前面に盛り上がってしまって、スムーズに進みません。右側にあるのが、水を“適度に”染み込ませた砂です。

こちらでは、摩擦の低減に成功しています!

 

ピラミッドの謎×映画

 

映画感覚で気軽にピラミッドの謎に触れたい!という方には、こちらのYoutube動画『ピラミッド 5000年の嘘』がおすすめです。簡単に見られる内容で、へーっと感心してしまいます!

 

 

ピラミッドの謎には好奇心が刺激され続けますね。

 

続きはこちら:『【ピラミッドの謎】実は「あのピラミッド」の壁面は…数えると4つではない?

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)