世界50カ国以上を飛んだ旅人がこっそり教える、安く旅行できる国ランキング7

1400-hero-seoul-south-korea-traffic-night

 

海外旅行は安い国がいい!

 

海外旅行に行くなら安い国海外旅行に出かけるつもりで、どこか安い国をお探しですか?食費、ホテル代などの滞在費、航空券代を総合的に考えた上で、独自のランキングを作成しました!自身が50カ国以上を旅行した経験、ネットでリサーチした結果が詰まっています。やっぱり、「旅行にピッタリな安い国を見つけられた時の喜び」はスゴイですよね?

 

海外旅行安い国ランキング!

 

それでは早速、海外旅行にピッタリな安い国ランキングをご紹介!

様々な視点から、あなたにピッタリ海外旅行先を見つけてみてください!

 

安い国ランキング7位:モロッコ

海外旅行安い国ランキング

モロッコの旅行が安いというイメージはありますか?意外とかなり物価が安いのです。サンドイッチをはじめとした軽食、コーヒーなどの安さが圧倒的です!水や野菜も信じられない程の値段です。マラケシュであれば、宿はお手頃ですが、ヨーロッパのゲストハウス程ではありません。長期滞在には向いているタイプの安い国ですね。ただし、日本からの航空券がお高めです。片道で6〜8万程は覚悟しましょう…。アフリカですから、仕方ないですね。

 

安い国ランキング6位:ロシア

海外旅行安い国ランキング

ロシアは一番近いヨーロッパということでランクイン!「ヨーロッパに格安で飛びたい!」という方にはピッタリでしょう。物価は、ヨーロッパというくくりで見れば、かなり安いです。東南アジアのレベルに比べれば、普通に高めですね。アエロフロートは、世界の航空会社の中でも、非常に魅力的な価格でチケットを提供してくれる存在です。小まめに航空券の値段をチェックするのもいいかもしれません。

 

安い国ランキング5位:ベラルーシ

海外旅行安い国ランキング

Image: Boston.com

ベラルーシ?美味しいの?…という人もいたりするでしょう。ベラルーシは国です。ぜひともロシアとセットでどうぞ!という思いからランクイン。ベラルーシは親ロシアの国で、ロシア語が公用語となっています。ここではロシアに比べて、物価が圧倒的に下がります。旅の最後にベラルーシを持って来て、ここのスーパーマーケットで大量にお土産を買い、日本に帰る。これが私の必勝パターンです。空港では、信じられないくらい安い値段で、イクラ(ちなみに、イクラは、ロシア語で“卵”という意味)、サーモンつきのクラッカーを食べました。しかも美味です!

 

安い国ランキング4位:韓国

海外旅行安い国ランキング

Image: Travel AARP

韓国は総合的に見て、あらゆるものが安く、旅人に嬉しい国ですね。食事は質が高いにも関わらず安い。航空券も非常に安い。人気である分、早めに予約することが重要ですし、東京の人が福岡発着を購入してしまうというミスも気をつけたいところです。ショッピング天国としても有名な韓国、ここで“衝動買い”をしてしまう旅人が後を立たないため、結果的に安い国とは言えないかも…?

 

安い国ランキング3位:タイ

海外旅行安い国ランキング

Image: HuffPost

タイへの航空券は時期にもよりますが、往復で6〜8万程度で購入可能です。一番安いのはバンコク発着となります。北部の最大都市チェンマイを観光したい場合には、そこから現地の飛行機などを使って、格安で移動できます。バンコクから電車で南下し、プーケット、さらにマレーシアを目指すルートも安くお勧めです。タイにはバックパッカーが多く訪れます。自然と、安くて清潔感のあるゲストハウスも揃います。食事を屋台で済ませられるよ!という人には、理想的な観光地です。

 

安い国ランキング2位:インド

海外旅行安い国ランキング

Image: National Geographic

インドの物価の安さは驚異的です。安く食事をし、宿に泊まり…というシナリオを描いている方には、インドがお勧めでしょう。ただ、私の知り合いの中だけでも、インドでお腹を壊しダウンした人はたくさんいます。ある程度の清潔さを確保するためには、それなりの値段のホテルに泊まり、屋台は避け…というプランになるでしょう。ビザが必要な点(料金:2156円)、航空券が他の東南アジアよりも僅かに高い点を考えると、少しマイナス点かもしれません。

 

安い国ランキング1位:マレーシア

海外旅行安い国ランキング

Image: Business Destinations

私のイチオシはマレーシアです。飛行機の目的地はクアラルンプールが一番安い傾向にあります。物価も安いです。屋台で食べる限りは、タイやインドと同等の価格帯だと言えます。屋台の衛生面に「警戒」する必要がなく、食事の味の幅が広いことから、飽きにくいのもポイントです。治安もよく、高めのホテルに泊まる必要もありません。しいて言うのであれば、イスラム教国ということで、お酒は販売されていますが、値段はちょっと高めです。

 

番外編その1:ガーナ

海外旅行安い国ランキング

Image: pixabay

アフリカ西部にあるガーナ共和国は、私が(誠に勝手にながら…)頭を悩ませる国の一つです。アフリカという大陸であることから、なんとなく物価の安さを想像する人はたくさんいるのではないでしょうか?いいえ、決して安くありません。おまけにWi-Fiを使おうと思えば、遅いのに、高い!ホテルも、ある程度の場所に泊まり安全性を確保すると、これまた高い!「えぇー本当に高いわ!」という思いを経験したい人は、ぜひともアクラにお越し下さい!

 

番外編その2:スイス

海外旅行安い国ランキング

Image: 5 Star Euto

スイスの物価の高さは有名ですね。美しいアルプスを眺めていたら、「あはは、払っちゃえ」となるのでしょうか。大らかな気持ちになれる場所です。物価が高い一つの理由として、こんなことがあります。ヨーロッパの真ん中にあるスイスですが、EUには加盟していません。これが原因で、ヨーロッパの他の国ともののやり取りをすると、高めの関税が発生するのですね。調べてみると、もう一つ、衝撃的な事実を発見しました。スイスでは物価と同時に、最低賃金も高いとのことで、なんと、スーパーのレジ打ちで、平均時給25ドル!(英語の記事を読んだので米ドルで記載されていました…)

 

物価って?と思いたくなる

 

スイスの人が、マレーシアで長期旅行したら…?と思ってしまうのは私だけでしょうか!

不思議なものですね、行く場所を変えるだけで、減るお金の量が驚くほど変わりますからね。

そんな訳で、総合的に判断した上で、あなたにピッタリの安い国を選んでみて下さい!

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)