BURGER TIME! アメリカ行ったらコレ食っとけ! アメリカ発祥バーガーチェーン7選

20130704-shake-shack-london-shackburger

 

 

現地の味を楽しもう!

 

せっかくの旅行。有名レストランもいいけど、現地の人が普段気軽に食事している場所も覗いてみたい・・・。言わずと知れたハンバーガー大国アメリカで、マクドナルドとはひと味違ったバーガーチェーンに足を踏み入れてみよう!

 

 

1. Arby’s (アービーズ)

アメリカ発祥バーガーチェーン

image: via Houston Press

Arby’sの名物はなんといってもローストビーフを何枚もサンドしたバーガー。バンズの中にホースラディッシュを入れたりと、アメリカ独特のどっしりと重いバーガーというよりは、ライトに食べられるものが多く取り揃えられています。パテのバーガーに食べ飽きたら是非立ち寄ってみては?

 

 

2. A&W (エーアンドダブリュ)

アメリカ発祥バーガーチェーン

 image: via Best Spot Information

日本では沖縄県にも展開しているバーガーチェーン。A&Wの名物といえばバーガーと一緒に飲む「ルートビア」。日本ではあまりおなじみではありませんが、アメリカ人はこのルートビアが大好き!大抵の日本人は「湿布の味がする」と言いますが、アメリカへ行った際には是非一緒に頼んでその真意を確かめてみては?

 

 

3. Chick-Fil-A (チックフィレイ)

アメリカ発祥バーガーチェーン

 

image: via Fox5

ニワトリのロゴマークから見て分かる通り、バンズに挟むのは牛肉のパテではなくチキン。鶏肉のため他のバーガーチェーンと比べるとメニューは比較的低カロリーで、子供連れの家族や女性からも人気を得ています。編み目状のポテトも絶品のため、立ち寄った際には是非セットで注文してみよう!

 

 

4. FIVE GUYS (ファイブガイズ)

アメリカ発祥バーガーチェーン

image: via Life Cheating

アメリカらしいガッツリしたバーガーを食べたいならまずココ!

写真の通りバーガーはボリューミーかつ豪快ですが、その反面食材は一切冷凍しなかったり、その日使われているジャガイモの生産農場を店内に明記したりと、食の安全や鮮度にもこだわりを見せているのが人気の秘訣。その他にもユニークなサービスとして店内に置いてあるピーナッツが食べ放題であったり、無料トッピングを組み合わせバーガーをカスタマイズできることなども人気の理由でしょう!

 

 

5. JACK IN THE BOX (ジャックインザボックス)

アメリカ発祥バーガーチェーン

image: via Jack In The Box

 JACK IN THE BOXの特徴は豊富なメニュー!バンズやパティにも種類があり、パンケーキのような形のバンズやタコスも取り扱っている。多くのメニューから迷いたいと思う人は是非足を運んでみよう!

 

 

6. IN-N-OUT (イネナウト)

アメリカ発祥バーガーチェーン

image: via Ryan

 FIVE GUYS、そして後に紹介するSHAKE SHARKと並んで、現地の人/観光客問わず最も人気を誇るバーガーチェーンの一つがこのIN-N-OUT。オーダーをしてから生肉を焼くためとてもジューシーで、チェーン店とは思えない美味しさ!セットのポテトも常に揚げたてホクホクのため、是非一緒に頼んでみては?

 

 

7. SHAKE SHACK (シェイクシャック)

アメリカ発祥バーガーチェーン

 image: via My Modern Met

情報通の人なら既に耳にしたことはあるかと思うSHAKE SHACK。ここでバーガーを食べること自体が旅の一つのイベントといっても過言ではないぐらい、多くの人から絶大な支持を得ています。店では常に多くの人がその味を楽しむほどです。

SHAKE SHACKは従来のバーガーチェーンよりもワンランク上のスタイルを提供していて、新鮮な野菜に肉汁溢れるパテと、その味も従来のバーガーとは一線を画すものに。アメリカではニューヨークやマイアミなど大都市にしかまだ出店していませんが、訪れた際には是非店を訪れ、その人気の秘密を堪能してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Hiroki Ito

Hiroki Ito: Editor

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)