【画像ニュース】バルセロナの写真家が撮る“人間感”全開の動物写真が絶妙!

yagopartalzooportraits10

 

“人間感”が出過ぎる動物たち

 

今回は、スペインの首都バルセロナをベースに活躍する写真家Yago Partalさんの“人間感”が滲み出る動物たちの写真をご紹介します。動物と言ってもサバンナで生活する力強い姿を写した訳ではなく・・・かといって動物園にいるようなのんびりした様子でもありません!

 

Source & Images: Funny Portraits of Animals Dressed Like Humans

 

バルセロナの写真家が撮る“人間感”全開の動物写真

バルセロナの写真家が撮る“人間感”全開の動物写真

バルセロナの写真家が撮る“人間感”全開の動物写真

バルセロナの写真家が撮る“人間感”全開の動物写真

バルセロナの写真家が撮る“人間感”全開の動物写真

バルセロナの写真家が撮る“人間感”全開の動物写真

バルセロナの写真家が撮る“人間感”全開の動物写真

バルセロナの写真家が撮る“人間感”全開の動物写真

バルセロナの写真家が撮る“人間感”全開の動物写真

バルセロナの写真家が撮る“人間感”全開の動物写真

 

なんとも言えない個性が漂ってますね!「あ、◯◯さんに似てるかも・・・」と、妙な愛着を感じてしまった人もいるのではないでしょうか?

人間の体に動物を組み合わせる・・・と聞くと気持ち悪いような気がしますが、この“キャラクター”たちは全くそんなことないですね。「礼儀正しい建築家のアライグマ」、「イケイケで浮気癖のあるナマケモノ」・・・あなたが、パッと思いつく彼らのキャラクターはどんなかんじですか!?

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)