一生に一度は訪れたい!世界にある美しすぎるビーチ7選

wallpicshd

 

0. 美しいビーチでくつろぎたい!

世界には信じられないほど美しいビーチがあります。綺麗な海を眺めながら、暖かい日差しを浴びて、カラフルなトロピカルジュースを片手に楽しみたいビーチをご紹介します!休暇が取れたら、真っ先に向かって欲しい場所ばかりです。せっかくなんで、今のうちに事前調査しておきましょう!

 

1. セイシェル

セイシェルのビーチ

via stunningyachts.com

セイシェルは、インドの南方、インド洋に浮かぶ島々からなる共和国です。アジアに住んでいる私たちにとってあまり馴染みのない国ですが、アフリカ方面に旅行をするヨーロッパ人からは絶大な人気を集めています。この国の主要産業は観光業で、その美しさから「インド洋の真珠」と呼ばれています。世界でも二番目に大きい環礁、アルダブラ環礁もぜひとも見ておきたいポイントです。さらにセイシェルのビーチといえば、写真にもあるように映画のセットのような雰囲気を漂わせていますね。巨大な石と透き通る海のコントラストが印象的!

 

2. グリーン島

グリーン島のビーチ

via Trek Earth

 

グリーン島はオーストラリアの東部にある街ケアンズの沖合にあります。ケアンズが日本人に人気な観光地となっていることもあり、ここグリーン島に訪れたことのある人も少なくないはずです。ケアンズ沖といえば、世界遺産にも登録されているグレートバリアリーフ。このグレートバリアリーフの美しい海と珊瑚礁、そしてカラフルな魚たちを楽しむ場所といえば、グリーン島なんです。観光地として人気とはいえ、しっかりと自然の景観が保たれているのでご安心ください。スキューバダイビングやシュノーケリングは必須アクティビティです。

 

3. モルディブ

モルディブのビーチ

via Kiwi Collection

 

このモルディブですが、さきほど出てきたセイシェルのすぐ近くにあります。セイシェルよりもモルディブの方が少し東で、ちょうどインドから真南に下ったところにあります。英語で書くとMaldivesとなるんですが、最後に複数系のsが付いています。この名前が示すとおり、モルディブは複数の島からできています。その数は、なんと26の環礁と約1,200の島々!豊かな自然に恵まれた国ですが、土地の高さが一番高いところでも海面から2.4mほどしかありません。近年では、海面上昇の被害を真正面からうけており、オーストラリアなどへの移住計画も出ています。それに関する費用の多くは観光からの収入に頼っているので、この国に観光に行けば、少しだけ協力できるかもしれません。そのような見方から、観光を考えるのも大事ですね。

 

4. ボラボラ島

ボラボラ島のビーチ

via Coastal Style

 

なんとも覚えやすい名前の、このボラボラ島はフランス領ポリネシアという国にあります。聞き覚えのない国ですが、この国の所在地は南太平洋、つまりオーストラリアと南米大陸の中間くらいです。フランス領ポリネシアはいくつもの島で形成されていますが、その中でも、このボラボラ島が最も綺麗なビーチや海を楽しめる場所として知られています。特に、ハネムーンで訪れる人には圧倒的な人気を誇っているようです。ここには海の浅瀬に立てられたコテージがいくつもあり、ここに宿泊するのは、多くの人の憧れになっています。

 

5. ホワイトヘブンビーチ

ホワイトヘブンビーチ

via Cookies can be good for you

 

ホワイトヘブンビーチはオーストラリアにあります。本土からは少し離れた、ウィットサンデー島という場所にあるビーチですが、本島やハミルトン島からボートで比較的簡単にアクセスすることができます。ホワイトヘブンビーチといえば、その名のとおり、白い天国のような景観で有名です。2008年には、オーストラリアの東部にあるクイーンズランド州の中で、最もきれいなビーチであるとして表彰されています。最近では、日本でも人気が高まり出しているので、今のうちから注目しておきたいスポットです!

 

6. フェトヒィエ(トルコ)

ファシエのビーチ

via Greece and Mediterranean Travel Centre

 

フェトヒィエ、なんとも言いづらい名前ですが、きっとトルコ語を忠実に再現しようとするとこうなるんだと思います。このフェトヒィエですが、場所はトルコ共和国の南西部、ちょうどイスタンブールの南方にあります。このビーチのすごいところは、その形状です。ふつうビーチは横に伸びるものですが、このフェトヒィエのビーチは海に突き出しています!ビーチの一番端まで行くと、まるで海の真ん中にいるかのような気分に浸ることができます。観光地としての質の高さもさることながら、もう一つ注目したいのが、素朴な環境です。低価格で滞在することが可能で、さらに地元の人々のホスピタリティの高さが、イギリスからの観光客を増加させています。

 

7. ナヴァイオビーチ

ナヴァイオビーチ

via Holidays 2 Greece

 

最後にご紹介するのがナヴァイオビーチです。このビーチは、まさに隠れた穴場です!ギリシャ南部にあるザキントス島。その海岸沿いにひっそりと存在しているのがナヴァイオビーチです。このビーチ、写真を見て分かるように、不思議なかたちをしていますね。このビーチへのアクセスには船を使います。背後は断罪絶壁。この景観から「密輸入者の入江」とも呼ばれています。ただ、この名前は単なる比喩ではなく、このビーチには本当に密輸業者の難破船(MV Panagiotis)が残っています。なんとも隠れ家になりそうなビーチですね。

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)