ロシアの女性写真家が撮る作品が「おとぎの国すぎる」と世の女性たちの間で話題に!

amazing-photography-margarita-kareva-24_R

 

ファンタジーの世界で生きる写真家。

 

ロシアの女性写真家「マルガリータ・カレヴァ(Margarita Kareva)」。

彼女の作品が、「おとぎの国すぎる」と世界の女性を沸かせています!

 

ファンタジーの本」からインスピレーションを受けて写真を撮る、

という彼女の世界観に浸りましょう!

 

Source & Images: Fairytales Come To Life In Magical Photos by Russian Photographer Margarita Kareva

 

【メルヘン全開】ロシアの写真家による写真が「おとぎの国すぎる」と話題に!

 

 

【メルヘン全開】ロシアの写真家による写真が「おとぎの国すぎる」と話題に!

 

マルガリータ・カレヴァ(Margarita Kareva)の作品は、

写真の中に、「おとぎの国」の要素を加えることで出来ています。

 

【メルヘン全開】ロシアの写真家による写真が「おとぎの国すぎる」と話題に!

 

 

【メルヘン全開】ロシアの写真家による写真が「おとぎの国すぎる」と話題に!

 

彼女は時に、

写真に「後から編集を施す」ことで独特の世界観を際立たせます。

 

【メルヘン全開】ロシアの写真家による写真が「おとぎの国すぎる」と話題に!

 

 

【メルヘン全開】ロシアの写真家による写真が「おとぎの国すぎる」と話題に!

 

驚くことに、マルガリータ・カレヴァ(Margarita Kareva)が本格的に「作品」を撮り始めたのは、

たった3年前。3年でここまでの個性を出せるなんて、ものすごい感覚!

 

【メルヘン全開】ロシアの写真家による写真が「おとぎの国すぎる」と話題に!

 

 

【メルヘン全開】ロシアの写真家による写真が「おとぎの国すぎる」と話題に!

 

 

【メルヘン全開】ロシアの写真家による写真が「おとぎの国すぎる」と話題に!

 

 

【メルヘン全開】ロシアの写真家による写真が「おとぎの国すぎる」と話題に!

 

 

【メルヘン全開】ロシアの写真家による写真が「おとぎの国すぎる」と話題に!

 

写真が好きで、写真に手を加えて、それを「作品」として成立させる。

そんな彼女の感性が溢れた「おとぎの国」はいかがでしたか?

現実の世界にこのシーンが存在するなら、間違いなく訪れてみたい!!

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)