ブレコンビーコンズ国立公園「呪いの湖」が美しすぎる!【絶景写真5枚つき】

IMG_3335

 

“Llyn y Fan Fach”=呪いの湖?

 

英国連邦内にある(それを構成する)一つの国、ウェールズ

 

ここウェールズの南部(南ウェールズ)に存在するのは恐ろしく美しい湖の絶景!・・・恐ろしい理由?・・・読み進めれば、ちゃんと分かります!

 

 

その湖の名はリン・イ・ファン・ファクLlyn y Fan Fach)。

 

もっと詳しく

ちなみに“Fach”という文字を“ファ”と発音するのはウェールズ語の特徴です。英語で「バッハ」(作曲家)という時に発音が「バァク」となるのですが、それと同じ「」です!

ウェールズ語参考サイト:Pronouncing Welsh Place Names

 

さあ、それでは早速絶景写真と共にその姿に迫りましょう!!

 

 

Source: Llyn y Fan Fach

 

ブレコンビーコンズの絶景と湖!

 

物語の舞台はここ、ブレコンビーコンズ(Brecon Beacons)国立公園です。

 

ブレコンビーコンズ国立公園

Park Society

広大な大地!空気の澄み切った最高の景色が広がっています。

 

ブレコンビーコンズ国立公園

flickr

そして、このリン・イ・ファン・ファクLlyn y Fan Fach)!決して「呪われた」という呼ばれ方をしているとは思えない美しい湖ですね?

 

 

ブレコンビーコンズ国立公園

Anthony Peace

このには、こんな伝説が;

 

湖から謎の女!?

 

この湖から美しい女性が出現!彼女に恋をした近くの町の若者は、すぐに結婚をしました。しかし、その結婚には条件があり、「その美女を3回叩いてはならない」というものだったのです。女性のあまりの美貌に、考える事もなく、男はあっさりとそれを了承。

 

葬式での笑み?

 

数年間、平穏な日々が流れました。・・・しかし、ささいな事で男は、その妻に手を上げてしまいました。その合計は3回に到達します。彼はあくまでも注意のつもりでした。葬式で笑ったり、結婚式で悲しげに泣いたり・・・そんな妻をさとすつもりだったのですが・・・。

 

約束は破られ、女性は湖の底深くへと帰ってしまったのです・・・。

 

ブレコンビーコンズ国立公園

Deviant Art

悲しき絶景という事でしょうか・・・?でもちょっと待って下さい;「呪われた」という形容詞とは少しズレているような気がしますね?

 

地元の人々の間ではこのような続きが語られているそうです。

 

湖に帰っていた美女が姿を現すというのです!正確な条件も話されています。

 

ちょっとだけ英文を引用します;

ocal lore says that at 2pm on the first Sunday of August the ‘Lady of the Lake’ emerges from its depths.

出展:Mail Online

 

つまり・・・女性が現れるのは、8月の第一日曜日午後2時です!・・・昼間なだけ、優しいですね。夜中じゃなくてよかった!

 

 

ブレコンビーコンズ国立公園

Wales Directory

・・・・そして改めて・・・写真を見ると、やっぱり美しい!!

 

悲しみの混ざる伝説に思いを馳せながら、この絶景を自分の目で堪能したいものです!

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)