世界は「金持ち」と「貧乏」の二種類に!この強烈な格差社会の写真から何を感じますか?

格差社会を象徴する写真

 

「金持ち」と「貧乏」の境界線。

 

お金を持つ人がいれば、あまり持たない人もいる。

いわゆる「金持ちな人」と「貧乏な人」です。

 

格差社会と言われる私たちの世界。

中でも、それが“あまりにも分かりすぎる場所”があります!

 

強烈な格差を感じずにはいられません・・・。

 

Source & Images: These Images Of Poor And Rich Neighborhoods Side By Side Are NOT Photoshopped. How Can This Be?!

 

格差社会を象徴する写真

一本の道路を隔てて、右側が「金持ち」で左側が「貧乏」。

色合いや家のつくりもそうですが、雰囲気も違うものが漂っています。

 

格差社会を象徴する写真

高級な居住スペース。

内側には、関係者のみが楽しむ事の出来る空間が。

周りにひしめくのは、小さな家々。

 

格差社会を象徴する写真

地図の上に定規をあてて、鉛筆でスーっと線を引いた。

そう言われれば信じてしまいそうな光景です。

開発地域」と、お世辞にも「高級とは言えない住居」がすぐ隣に。

 

“私たちは格差社会で生き・・・”と語られる事はありますが。

それを改めて光景として目撃すると、衝撃を隠せませんね。

 

「住む場所が違う」事や「持つお金の量が違う」事は、当然です。

しかし、この光景を見て、“何かを変える必要がありあそうだ”という気持ちにもなります。

何か、人間にとって心地の良くない事態が起きているのかもしれません。

 

あなたは、これらの写真を見て、何を思いますか?

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)