【絶景タチヨミ】SS Ayrfield;ホームブッシュ湾に浮かぶ“森になった船”

abandoned-ship-ss-ayrfield-floating-forest-1

 

SS Ayrfield; “森になった船”

 

SS Ayrfield(エスエス・エアフィールド)はオーストラリア、シドニーのホームブッシュ湾(Homebush Bay)に浮かぶ廃船です。木々が生い茂り、船というよりも“湾に浮かぶ森”のような姿からは、何か深いものを感じます!

Source: 102-Year-Old Abandoned Ship is a Floating Forest – My Modern Met

Images: 102-Year-Old Ship in Sydney Became A Floating Forest – Bored Panda

 

SS Ayrfield; “森になった船”

 

SS Ayrfield; “森になった船”

 

SS Ayrfield; “森になった船”

 

SS Ayrfield; “森になった船”

 

SS Ayrfield; “森になった船”

 

SS Ayrfield; “森になった船”

 

もう完全に“”ですね!人間の造ったが、長い時を経て・・・最終的には森に。自然の力強さと廃船特有の哀愁を感じずにはいられません。現在の写真であるにも関わらず、この船が歩んだ歴史も伝わってくるのが不思議ですね。夕暮れ時のSS Ayrfield(エスエス・エアフィールド)を眺めるだけで、感情移入さえもしてしまいそうです。

ここホームブッシュ湾(Homebush Bay)には、20世紀の「役目を終えた」廃船がいくつも存在しています。その中でも最も“時の経過”を感じさせてくれるのがエスエス・エアフィールド。この船が製造されたのは1911年のイギリスで、1912年にはシドニーにて、蒸気で稼動する石炭船として使用され始めました。第二次世界大戦の時期には、太平洋地域で戦うアメリカ軍に備品を供給するために活躍しています。

時は流れ、1972年。遂にエスエス・エアフィールドは「引退」し、ホームブッシュ湾へ・・・。静かに歳を刻み、現在(2014年)では、103歳!皆さん、何か困ったことがあったらエスエス・エアフィールドに会いに行きましょう。“森になった船”が優しく包み込んでくれるかもしれません。・・・一つの船に対して、これだけ思いを馳せる機会は、他にないでしょうね。

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)