【World News】3万年前の生きたウィルス“ピソウィルス”がシベリアの氷から見つかる!

global-warming-giant-viruses_77186_990x742

 

3万年前のウィルスがシベリアに

 

シベリアでなんと、3万年も前のウィルスピソウィルス(Pithovirus)が見つかりました。いや、ただ発見されただけではありません。なんとそのピソウィルスは生きています!シベリアの氷の中で、3万年も「冬眠」していたのです。

Virus Resurrected After Chilling in Siberia for 30,000 years

フランス国立科学研究センターのJean-Michel Claverie教授は「これだけ長い期間に渡って、感染力を保持するウィルスは始めて見た。」と語っています。

ピソウィルスPithovirus

(image: via National Geographic)

ここで気になるのが、人間への感染です。科学者によると、ピソウィルスは人間や動物には感染せず、単細胞のアメーバにのみ感染力を発揮するとのこと。同センターのChantal Abergel医師は、このウィルスについて、「アメーバの細胞内に入り込み分裂し、最終的には死に至らしめる」力を持つものと説明しています。

そもそも、ピソウィルスの発見は、シベリアの温度上昇により氷が溶けた事に端を発しています。これからも地球の温度が上昇すれば、人類が未だ出会ったことのないウィルスや病原菌が「冬眠から目覚める」可能性があります。これは、各研究者が認めるところです。

地球の温度に多少の変化が出ていることと、ウィルスの発見。これらを繋げて考える思考が試される時期がやってきましたね。

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)