【必見】日本人がミスしがちなガーナ式挨拶3つの要点【ガーナならでは】

 

ガーナの挨拶

 

ガーナの挨拶1. 基本

 

ガーナの挨拶の基本は、「元気?」と聞くことから始まります。これはイギリス(もともとイギリスを植民地としていた国)などの文化と同じですね。英語で「How are you?」でもいいですし、チュイ(Twi)語だと「エトゥセン?」または「ウォ ホ テ セン?」となります。下にまとめてみましょう。

 

Useful links: Twi phrasebook, Wiki voyage

 

まず挨拶として言うこと

 

英語:How are you?

チュイ語①:(友達に)エトゥセン?(「元気?」)

チュイ語②:(丁寧)ウォ ホ テ セン?(「お元気ですか?」)

 

基本的に、会社務めのガーナ人はほとんどの人が英語を話せます。ガーナでは学校の授業が英語なので、教育を受けている人は英語をふつうに話せるということです。例えば、道端で食べ物を売っているおばちゃんは、私の経験上では、ほとんど英語を話しません。その場合は、上にあるチュイ語か、またはエウェゴンジャなどの言葉があります。まずは大多数のガーナ人に話されているチュイを覚えておくのがおすすめです。

続いてはそれぞれの挨拶の後に、何と返答すればいいのか見てみましょう!

 

応答として言うこと

 

英語:Good / Great など

チュイ語①:(友達に)エイエ(「元気だよ」)

チュイ語②:(丁寧)メホイェ(「元気です」)

 

さらに、「おはようございます」などにあたる挨拶もご紹介します。

 

おはようございます

英語:Good morning.

チュイ語:マーチン

 

こんにちは

英語:Good Afternoon.

チュイ語:マーハ

 

こんばんは

英語:Good evening.

チュイ語:マージョ

 

ガーナの挨拶2. 指をパチンっ!

 

ここまでは言葉をご紹介しました。さらにガーナで挨拶をする上で大事なポイントがあります。それが握手です。目上の人に対して握手をする場合、ビジネスパートナーとの間では、ただがっしりと握手をすれば大丈夫です。しかし、若者同士が握手をする時には、面白いパターンがあります。それが指パッチンです。握手をして、お互いの手を徐々にひいていって…最後に残った中指と親指でパチンとやるのです。正直、かなり難しいです。しかし、私のまわりのガーナ人は、パチン!ときれいな音をたてて握手をしていました。

 

ガーナの挨拶3. チャーリー

 

さらに若者の間では、「よう兄弟!」のような意味合いで「チャリー!」という呼称を使います。「ヘイチャーリー!」といった具合です。その後にすぐさま握手をしてパチンとやれば、あなたも完全にガーナの若者の仲間入りです!