危険度200%?ナミビア旅行の治安について知るべき4つの点(安全な観光のために)

 

ナミビアの治安、旅行、観光、危険、安全情報

Image: Abercrombie & Kent

 

Useful source: GOV.UK, U.S. Travel

 

1. ナミビアで急増する犯罪?

 

ナミビアには、大きな都市も、銀行もあまりありません。そのような意味で、首都ウィントフックなどの都市部に立ち寄る際には、そこでお金を調達する機会が増えるでしょう。その中の方法の一つがATMです。最近では、両替にかかる手数料を考えて、ATMからカードを使って現地通貨を引き出す旅人が増えています。

そんな状況に呼応するように、ATM関連での犯罪も増えているのです。手口はシンプルです。私たちが通り沿いにあるATMを使ってお金を引き出そうとすると、男が近づいてきます。典型的なのは二人組です。「この機会は故障していますよ」と声をかけられ…あわてて、クレジットカードを取り出す「キャンセル」ボタンを押すと、その二人組は、素早くカードを奪い取り逃走!

大抵、実行犯は、獲物を長時間監視します。もちろん、これは犯行のしやすさを確保するためでもあり、暗証番号を盗み見るためでもあります。なので、注意すべきは、ATM付近であなたをじっと見つめる人です。ATMを使う前に、周りを見渡しましょう。もちろん暗証番号の入力時には必ず手で隠すようにしてください。これはぜひとも習慣づけたいものです。

さらに、銀行の中には、入り口の前に警備員が立っているものもあります。その場合、ATMを使う安全性がより確保されるので、このような銀行を選ぶのがおすすめです。加えて、ATMの機械にクレジットカードを差し込む前には、必ず、それが自分の使用するカードの種類に合致しているか確認するようにしましょう。

 

2. ナミビアは二つに分かれてる?

 

ナミビアには面白い特徴があります。それは、分断。ナミビアの南と北は、ある意味で二つに分かれています。決して、抗争や紛争があるわけではありません。

南では商業的な農業が広く浸透し、北にはもっと伝統的で昔ながらの農法が広がります。そんな状況で、農業に影響があるかもしれない北からの病気が南に移動するのを未然に防ぐ目的で、道路に検疫が設置されています。なので、旅行のルートがナミビアの北部から南部へと進むかたちであれば、注意しておいた方がいいでしょう。

いきなり車やバスが止められると焦りますからね。注意すべきは、手荷物です。生肉を持ったままこれを通過することは許可されていません。ナミビア移動の際には常に頭に入れておきたい情報です。

 

3. ナミビアの雨季には要注意!

 

ナミビアには雨季があります。それは11月〜3月後半です。ただし、雨季の間に毎日雨が降るというわけではありません。基本的には北部の方が雨が豊富で、南部の方が乾燥している傾向にあります。

陸路で移動する場合や、特に悪路を行く場合には、頻繁に天気予報を気にするべきでしょう。スマートフォンに天気予報アプリを一ついれておくだけで、旅行の最中であってもリアルタイムで天候を確認することができます。

治安を考える上で、天候を知ることはとても重要です。

 

4. ナミビアの詐欺がコレ!

 

ナミビアで典型的な詐欺が、木ノ実を使ったものです。突然、よってきて、まずはフレンドリーにあなたの名前を聞きます。ちょっと警戒を解いたところで、その名前をおもむろに木ノ実に彫り始めるのです。そして、いかにも「買わなきゃいけない」雰囲気をつくる作戦。厄介ですね。こちら側の心理を上手についています。

対策はシンプルです。この詐欺があることを頭に入れておきましょう。いきなり人がやってきて名前を聞かれたら、その時点で警戒すべきです。さらに、もし名前を彫り始めても、断固とした態度で購入を断りましょう。この類の売り方は、とにかく、私たちの罪悪感につけこむたちの悪いものです。ただ首を振りその場を立ち去りましょう!

治安を知るには、人を知ることです。要注意な犯罪パターンを頭の片隅にいれておいてください。