【5つの意外な事実で知るアルガンオイル】実はアルガンオイルといえば食用だった?

アルガンオイルは食用だった?

 

アルガンオイルは、美容オイルとして世界的に有名ですね。

日本でも、美容への注目の高まりから、どんどんと注目されているアイテムです!

 

しかし、アルガンオイルが食用としても大きな存在感を放っていることを知っていましたか?

 

1. アルガンオイルを食用に?

 

アルガンオイルはモロッコで食用として重宝されています。

もちろんお肌に塗る用途も一般的ですが、それと同じくらいに食用も“一般的”な消費方法なのです。

 

2. アルガンオイルを食べた時の味は?

 

アルガンオイルを食用にするからには、まず気になるのが味です。

薬っぽい味がしないの?美味しくないのでは?という心配がつきない人もいるでしょう。

 

実は、非常に美味しいのです。味はちょうど上品なピーナッツバターといったところ。

考えるだけでよだれが止まりません!

 

3. アルガンオイルの食用の売られ方は?

 

食用のアルガンオイルは、ボトルに入って売られています。

形状はまさに、“何かにかけて食べたい”かんじです。

 

4. 食用アルガンオイルの食べ方とは?

 

食用のアルガンオイルは、パンにつけて食べるのが一般的です。

モロッコではパンに何かをつけて食すことが多くあります。

 

朝ご飯にパン+ハチミツや、パン+アルガンオイルといったスタイルもお手軽で人気です。

 

5. 山の中で食べる新鮮な食用アルガンオイル

 

私は山の中で、地元の人がつくる新鮮なアルガンオイルを口にしたことがあります。

舌触りと味が非常に爽やかで、それでいて、深い味わいが病みつきになります!