モロッコ人が教える。モロッコでのハシシュの【裏】入手方法とは?

モロッコのハシシュ

 

 

モロッコといえば・・・ハシシュ

他にもたくさんの有名なものはありますが、それでもハシシュを忘れるわけにはいかないでしょう。

ハシシュとは…つまり大麻のことです。

驚くことなかれ!モロッコはこのハシシュ世界最大規模の生産国なのです!

 

※このコラムはハシシュの使用や購入を促進するためのものではありません

 

モロッコ人はハシシュを吸うの?

IMG_9988

 

吸う人は少なからずいます!

とはいえ、モロッコの法律では、ハシシュを使用する(吸引する)ことを禁じています。では、モロッコ人はハシシュを吸わないということでしょうか?・・・いいえ、違います。

実際、かなりの割合の人々(特に男性)がハシシュを吸っています。(…でも違法ですよ!)

 

ハシシュを吸う・・とは?

モロッコのハシシュ

Image: swiatoslaw

 

ちなみに「ハシシュを吸う」とは、どういうことでしょうか?

大麻なので、簡単にいえば、普通の草と変わりありません。これをタバコの要領で「巻き巻き」して、特製のハシシュタバコのようなものを自作します。それに火をつけて吸引するということです!

 

どこからハシシュを入手するの?

モロッコのハシシュ

Image: Sprudge

 

先ほど、実際にモロッコではハシシュが吸われているという話をしました。

ではどうやって入手するのでしょうか?

非常に気になってきたので、実際に常用しているという知人(モロッコ人)に話を聞きました。仮に彼の名前をKとしましょう。

まず、どこから入手するのか3つの方法を教えてくれました。

  • 秘密のカフェで売人に接触
  • 近隣の大きな町まで買いに行く
  • 北から大量に取り寄せる

 

秘密カフェで

 

秘密のカフェとは?実際、モロッコのあらゆる町には、膨大な数の、それはそれは信じられないくらいに膨大な数の、カフェがあります。

選択肢がありすぎて、焦るほどです。

そして、その中の限られたカフェでだけハシシュが売買されているのです。Kが最初に、小さな町に移り住んだ時、カフェに入り「ハシシュを吸いながらサッカーの試合を観られる場所はあるか」と聞いたそうです。このようにして、場所を突き止めたとのこと…。

 

近隣の大きな町で

 

私の今いる町からですと、近隣の町はカサブランカになります。Kはここを訪れた時にもよくハシシュを調達するとのことです。場所は同じように特定のカフェです。法律で禁止されているので、当然、公にハシシュを売る店はありません

 

北からの仕入れ

chef-theo-nina

Image: crossing borders

 

モロッコの北部の山ではハシシュが大量に栽培され・・・というよりハシシュが自生しています。

実際、それを売って生計を立てる人もいるほどです。有名なハシシュスポットの一つにシェフシャウエンがあります。

シェフシャウエンは青い町として知られる美しい観光地ですがハシシュ好きにとっても最高の目的地となっています。実際、シェフシャウエンのカフェで、いかにもヒッピーな格好をした欧米人を見かけるのは珍しいことではありません。

 

ハシシュをカフェで売っているカラクリ

 

ここから、さらに内部事情を探りましょう。なぜ、一定のカフェではハシシュの販売ができるのか?

これらのカフェは、それ相応の「ギフト」を警察に収めています。率直に言ってしまえば、お金です。

言ってしまいましたね。

これを受け取ることで、警察は、そのカフェでのハシシュにまつわる出来事を黙認するという訳です。恐ろしいですね…。

 

それでも問題が起きるカフェも

 

お金を払うという闇の取引のお話をしました。そんな状況でも、必ずしも平和に物事が進むとは限りません。実際、その特定のカフェを教えてもらったのですが、面白い話も聞きました。

実は、そのカフェは数ヶ月前に、一度営業を停止したとのことです。

近隣のモロッコ人の間では、警察とのいざこざがあったのではないかと囁かれています。