モロッコ独立の象徴?モロッコの帽子タルブーシュを知る3章

 

707416-01-08

Image: al-akhbar

 

モロッコ在住の私が、モロッコの帽子についてまとめましたのでごご覧ください。

モロッコのランプや、くつ、クッション、絨毯、雑貨など…人気なものはたくさんありますが、私の考える「穴場」は、間違いなく、モロッコの帽子「タルブーシュ」です。

 

1. モロッコのお洒落なおじさんの帽子?

 

モロッコ独立の象徴?モロッコの帽子タルブーシュを知る3章

Image: Kristian Bertel

 

モロッコにはお洒落なおじさんがたくさんいます。というのも、私が言っているのは、都会的なスタイルに身を包んだ人々ではありません。むしろ、歴史や文化を重んじる、おじさん達です。

モロッコのおじさんには、大きく分けて二種類のスタイルの人がいます。一つは、「ヨーロッパ風で、いかにも仕事をバリバリしていますという雰囲気」で、もう一方は、「伝統的な服装に身を包む人たち」です。

その後者の中でも、素敵な帽子をかぶっている人がいます。その帽子は、モロッコ語では「タルブーシュ」と呼ばれます。見た目は、しっかりとした骨格の円柱形となっていて、存在感が抜群です!

ちなみに、この伝統的な帽子のことを「タルブーシュ」と言いますが、これだけではなく、いわゆる「一般的な帽子全般」を指すときにも、タルブーシュという言葉が使われます。

 

2. 帽子とモロッコ伝統衣装の相性が抜群?

 

モロッコ独立の象徴?モロッコの帽子タルブーシュを知る3章

Image: Al arabiya

 

私がモロッコでよく目にする帽子は、赤いタルブーシュです。典型的なのは、モロッコの伝統衣装ジェラバ(白)を着込み、頭の上に赤い帽子をかぶるおじさん達。

カフェで見かけることもありますが…モスクに礼拝に来ている人や、特別な行事でかぶっている人によく当てはまります。シンプルな服と、色の濃い帽子のコントラストは見ていても「やっぱりお洒落だな」と思うものです。

さらにさらに、より「モロッコ伝統のおじさんスタイル」を追求するのであれば、足元にモロッコ伝統の靴「バブーシュ」を合わせれば完璧です。私はカサブランカに住んでいるのですが…一番よく目にするのは黄色のバブーシュです。

つまり、下から黄色→白→赤という絶妙な色合いになるわけです!

 

関連記事 ▶︎ 9つの要点で知るジェラバ!モロッコ女性の露出を抑えたオシャレ伝統衣装

関連記事 ▶︎ 【5つの秘密】モロッコのお洒落すぎるスリッパ「バブーシュ」【バブーシュ徹底解説】

 

3. 帽子が…モロッコそのものを象徴?

 

モロッコ独立の象徴?モロッコの帽子タルブーシュを知る3章

Image: History Files

 

ちなみに、このような帽子は、モロッコだけではなく、イスラム教の複数の国で愛用されている、非常に「ワールドワイド」なアイテムなのです。その際に、もちろん細かな形状や、名前は違います。

モロッコにおけるこの帽子には、面白い意味合いが込められています。モロッコはもともと、フランスの植民地でした。その支配から逃れて、今では独立国としての地位を獲得していますが…フランスへの抵抗と独立運動の際に、この帽子が、シンボルとして使用されたのです。

つまり、独立や自由という意味合いが込められていて、モロッコの存在を肯定する非常に大事な存在なのですね。例えば、こんな事例を見てみるのはいかがでしょうか。ラバトを旅行したときのことです。

モロッコの首都ラバトは政治の中心地です。大使館がたくさん並び…さらに、モロッコの過去の王様ムハンマド5世の廟まであります。そして、この廟のまわりには、警備兵がいます。彼らに注目してみると、なんとモロッコ伝統の帽子「タルブーシュ」をかぶっているのです!