モロッコ旅行で使ってみると「かなりウケる」モロッコ語フレーズ6選

モロッコ語 - モロッコの言語

 

モロッコを旅行する予定はありますか?

 

マラケシュや、タンジェ、シェフシャウエンなんていかがでしょうか?

是非とも、このモロッコ語フレーズ集をポケットに忍ばせて、モロッコ旅行を楽しんで下さい。

 

現地モロッコ人から「とっても気に入られすぎる」こと間違い無しの役立つモロッコ語をご用意しました!

 

すぐに使いたいなくなるモロッコ語フレーズ

 

1. ビザーフ

この言葉の意味は?

市場でイチゴを買う時に、レストランでタジンを食べる時に。使いましょう、このフレーズを。難しい事はありません。

例えば「タジン ビザーフ」と言えば、「タジンが一杯食べたいんだな、この人は」という事が伝わります。ちなみに反対の「少し」を言う場合は、「シュウィァ」となります。これも便利なのでセットで覚えましょう!

 

2. マルフチ

この言葉の意味は?

「分からん」でも「分かりません」でもいいのですが、これが「マルフチ」です。なんだか、響きがよくないですか!?実際に発音する時は、「マァールフチ!」と言って下さい。

モロッコ現地人に何か色々言われたら、喰い気味で「マァールフチ」ですよ。これで、勝ちです。(少なくとも、笑ってあらゆる局面を突破!)

 

3. アファック

この言葉の意味は?

これは日本語で言う所の「あのぉ〜」です。あらゆる場所で、声をかける時に使えます。レストラン、カフェ、スーパーマーケット、通りすがりの人・・・かなりどこでも使えます!

便利ですね。道を尋ねる時にもいいでしょうね。何かを買う時に、「アファック+〇〇」と言ってしまえば、しっかり伝わります。タジンなら(またしてもタジン)ば、「アファック タジン!!」でいいでしょうね。

さらに「アファック タジン ビザーフ!!!」(タジンたくさん下さい!!!)はもっと素晴らしい。

 

4. サフィ

この言葉の意味は?

モロッコで生活している中で一番耳にする言葉の一つがコレではないでしょうか。超便利&頻出な言葉です!まずは、基本から。お店で注文をして、最後に「これで以上です」と言いたい時には、穏やかに「サフィ」と言いましょう。いいですね。

では、次は発展系を!例えば、うるさいモロッコ人に遭遇してしまったあなた。もう長話にウンザリ!そこで、こう言うのです。「サフィ!!!」と。「もういい加減にせい!!!」という意味ですね。

何て便利な言葉でしょう。さらにさらに、誰かがあなたに道を教えてくれた場合を想像してみて下さい。丁寧に色々教えてくれました。

もう理解できましたという意味で、感謝を込めて、「サフィ」と言う事もできます。どうぞ、“サフィ・マスター”になって下さい。

 

5. シュクラン

この言葉の意味は?

コレ無しでモロッコ旅行をする訳にはいきませんね。どこの国でもそうです。「ありがとう」は旅行をスムーズにしてくれますからね。ちゃんと、ご飯の後に「シュクラン」、道を教えてもらって「シュクラン」、適当に愛想笑いをして「シュクラン」、相手の話が長過ぎるときは「・・・サフィ!!!」です。

 

6. ヤック

この言葉の意味は?

驚いた時にはヤックを使いましょう。「値段高過ぎる!」や「嘘でしょ、今日レストラン休み!?」と思った時に使うと便利です。さらに、優しくヤック(少し語尾を上げて)というと、「ねぇ」という意味になります。カジュアルに話しかける際にはぴったりですね。

 

少し発展してみましょう!

 

7.「コーヒーを一杯くださいな」

モロッコ語では?

はい、先ほどの応用編ですね。「アファック」は「あのぉ〜」です。そして、「ワハット」は初登場ですが、「1つ」という意味です。「カホア」はお察しの通り、「コーヒー」ですね。ちなみにお茶が欲しい場合は、「アツァイ」と言いましょう!

 

せっかくなので1、2、3くらいは覚えておきましょうか。

1

ワハット(ワンの「ワ」と同じですね!)

2

ジューシュ(トゥーと「ジュー」の部分が似ています!)

3

クラーツァ(これは…似てない!)