【後悔】モロッコ, アガディール観光前に知るべきだった4の事実【知らなきゃ損】

 

アガディールは少し難易度が高い観光地かもしれません。

というのも、最高の観光にするためにはいくつか知っておいた方がいいポイントがあるからです。

 

アガディールは静かで、人々が優しくて、平和で…観光を楽しむにはとっても良い場所です。

以下のポイントに注意をして…決して後悔しないようにして下さい!

 

Useful links: Agadir, TripAdvisor

 

アガディール観光は思ったよりも〇〇だった?

 

私が「意外すぎる!」または「コレは知っておくべき!」と思った内容だけをまとめましたので、存分に観光に活用して下さい!

 

1. アガディールはおじさまだらけ?

 

アガディールは海沿いに位置する美しいモロッコの町です。海が美しいことで知られています。美男美女が集まり…でしょうか?少しだけ、雰囲気が違います。そう、何を隠そう、アガディールはヨーロッパのおじさま&おばさま方に人気な観光地なのです。アガディールには、ふんわりとした雰囲気が漂っています。これは個人的には、リラックスできてイイ感じです。しかし、若者たちの集まるビーチを想像しているのであれば…ちょっと“アガディールは違う”かも?

私がアガディールの海沿いで感じた第一印象は、「上半身はだかのおじさんがいっぱい」です。堂々と、散歩をしています。…治安のよさを感じます。平和っていいですね!

 

2. アガディールはオフシーズンに行くべし

 

アガディールは是非とも、オフシーズンをうまく狙い訪れるべきだと思います。まず、8月を中心とした真夏は、モロッコで言うハイシーズンです。この時期にはホテルの値段が跳ね上がります。モロッコ人もこの時期に集中的に旅行をするため、ビーチがある町では混雑が予想されます。ただ「せっかくなら太陽がサンサンな時に観光したい!」と思いますよね?ご心配なく。オフシーズンでもうまく時期を選べば、心地よい太陽を感じられます。

例えば私は10月にアガディールを訪れてみました。正確には2016年10月18日です。10月(モロッコでは秋)の後半にさしかかっているのに…実はまだ暖かいのでした。むしろ、この特定の期間は昼間であれば暑いです(夜は肌寒い)。ビーチで水着になってゆっくりするのがピッタリな気温で、ずっと歩いていると汗をかくほど。そして嬉しいことに、ローシーズンに分類されるので、人はちょうどいいくらいの量ですし(全く誰もいない訳でもなく、かつ、全然混んでいない!)、なんといっても、ホテルの値段が安いです。

 

3. アルガンオイルを買うならアガディール!

 

アルガンオイルはご存知ですか?モロッコを代表する超人気なお土産です。基本的には食べることもでき、お肌に塗って美容を促進することもできます。それぞれ用途別に、製品は分かれていますが、いずれにせよ体にとってもいいアイテムなのです!モロッコ旅行のお土産として買って帰れば、きっと99%以上の確立で喜ばれるでしょう。ここで一つ、恐ろしい事実が。アルガンオイルは高価です。簡単にホイホイと購入できる製品ではありません。

ただしここで朗報です。アガディールを中心としたエリアは、モロッコの中でもアルガンオイル生産で有名です。つまり、アルガンオイルの本場中の本場ということですね。せっかくここに来たのだから、アルガンオイルを買いましょう。新鮮かつ高品質なアルガンオイルが、モロッコの他の場所よりも格安で購入できます。想像して下さい…。この事実を知らずにマラケシュで「観光客専用価格」で用意されているアルガンオイルをまんまとお買い上げ…なんて、もったいないですね。

 

4. 観光客をだます悪徳タクシーも?

 

悪徳タクシーにお気をつけ下さい。私は日頃からモロッコの大都市カサブランカに慣れています。少し、リラックスしづらい都会です。休暇でアガディールを訪れた時には、のんびり気分でした。すると、ホテルに帰るためにひろったタクシーが完全に「悪徳」でしたのでご報告します。あなたには、絶対に被害にあってほしくないのです!行き先を告げた後に、タクシーに乗り込んだら、運転手は「じゃあ、そこまでは10ディルハムで」と言ったのです。これは許せません!私はすかさず「メーターがあるのだから、これを使って下さい」と言いました。すると運転手は苦笑い。

その後、なるべく仲良くなっておこうと(それの方がトラブルに発展する可能性が少ないため)、「モロッコ、カサブランカに住んでいて、ここアガディールに来たのですけど、いい町ですね」という具合で、話をしていました。最後にメーターが「7.00」だったので、10ディルハムを支払いました。するとおつりで返ってきたのが2ディルハム。「おつりは3ディルハムのはずだけど」と言うと、いかにも面倒くさそうな顔で1ディルハムを加えました。

この運転手は完全に常習犯です。今まで何人もの観光客(ヨーロッパのおじさま&おばさま方でしょうか)をだましてきているはずです。2段階でしかけてきていますからね。絶対に注意して下さい。正直、これにはがっかりです。小さな、そして静かな町にやってきたと思ったのに、タクシーがこんな悪徳詐欺師では、残念ですね。

ただ、全員がこのような悪い人ではありません。私の感覚ですと、むしろすごい優しい人ばかりで、99%以上が、素晴らしい人格者だと思います。ただし、1%以下の悪い人にはお気をつけ下さい。以下がポイントです。

 

①タクシーに乗る前には必ず行き先を告げる

②乗った瞬間にメーターが動いているか確認

(最初は2.00ディルハムから始まります)

③降りる時にはメーターにある額だけを支払う

(タクシーでチップはありません)