【恐怖】モロッコ新婚旅行者が見てはいけない7つの大失敗パターン

 

モロッコ新婚旅行

Image: Child Philosopher

 

モロッコで新婚旅行をお考えのあなた、お気をつけ下さい!

モロッコ、カサブランカ在住の@Shunya_Ohiraがお届けします。

 

モロッコ新婚旅行が恐怖の瞬間に…

 

モロッコは新婚旅行者にとっても人気な国です。だからこそ、気を付けなければならない、恐ろしいパターンがいくつもあるのです。その内容をこっそりとお教えしましょう。

 

Useful links: Honeymoon Resorts in Morocco, Morocco Tours 

 

恐怖1. カサブランカでグダグダになる

 

モロッコ新婚旅行

Image: 500px.com

 

カサブランカのイメージは映画の『カサブランカ』でしょうか?あまりも話題なので、私も最近、カサブランカで『カサブランカ』を見てみました。美しい世界ですね。しかし、現実はちょっと違います。カサブランカは決して「見渡す限りの観光地」ではありません。つまり、ちゃんと観光すべきポイントを予め知っておくことが重要なのです。正直、難易度がとっても高いです。ひょっとしてカサブランカ国際空港を利用しますか?マラケシュに行く前に、ちょっと観光しておこうかなと考えていますか?しっかりとプランを練った方がいいですよ。さもないと、せっかくの新婚旅行が「んん…なんもやることないね」の時間に変わってしまいますから。恐怖ですね。

 

◎解決策① 映画『カサブランカ』のイメージは一回消し去る

◎解決策② カサブランカ旅行の計画を練る:役立つ記事を確認→カサブランカ旅行のおすすめ観光スポットまるごと9選

 

▶ 不朽の名作映画『カサブランカ』

 

恐怖2. マラケシュで騙され怒鳴りつけられる

 

モロッコ新婚旅行

Image: Rough Guides

 

マラケシュはモロッコ屈指の観光地です。オレンジや褐色といった町並みは、異世界で、日本人の中でも大変な人気を誇ります。しかし、これだけ人気な観光地であると当然、注意も必要です。マラケシュの中でも特に、観光地化しすぎて「無法地帯」となっているのがジャマ・エル・フナ広場です。実際、一番「マラケシュらしい」場所ではあります。見ておいて損はないでしょう。ただし、一点注意して下さい。

ここで商売をしている人の人間性は、正直(全員とは言いませんが、全体的な印象として)酷いものです。せっかく日本から来てくれる皆さんには、全力で忠告します。私の周りのモロッコ人でさえも言います。「マラケシュは、いかにも、ビジネスライクになりすぎて、信用できないイメージがある」と。広場にはいくつも、屋台があり、その周りでは膨大な数のモロッコ人が客引きを行なっています。私がその一人の強引な客引きをきっぱりと断ったら「地獄へ落ちろ、アジア人」と言われました。これは悲しいかな実話です。しかも、現地モロッコ語ではなく、英語でこれを言ってきたのです。信じられませんね。言っていることが理解されてもいいという、とんでもない意識で話していることがわかります。悪い事は言いません。ただ、広場奥手の屋台には近づかないことです(もちろん、客引きの全員が悪だとは言いませんが、心ない1人が居たことは事実です)。

さらにもう一点、広場に面した、二階建てのレストランLe Balcon Cafe Glacier絶対に避けて下さい。どうしようもないぼったくりカフェ&レストランです。トリップアドバイザーの日本語のレビューを見る限り、ほとんどの人が、自分がぼったくられたことに気付いていないようです。正直、フランス語かアラビア(モロッコ)語を話さない限り、まともな料金で飲食をすることができない、最悪の場所です。偽のメニューを出してきたりしますからね、相当悪質ですよ。英語のレビューを見れば、それを見破った人がいくらか居ることがわかります。

 

◎解決策① ジャマ・エル・フナ広場の屋台を避ける

◎解決策② Le Balcon Cafe Glacierには(冷やかし以外の目的では)行かないようにする

 

恐怖3. モスクで白い目で見られる

 

モロッコ新婚旅行

Image: ASA

 

こちらの話も重要です。モロッコはイスラム教の国です。という訳で、(ほとんど)皆がモスクで礼拝を行ないます。特に金曜日の昼には大規模な礼拝が行なわれるものです。モスクのデザインは美しく、特に内部の繊細なつくりは、必見です。皆さんもきっとモスクの見学をしてみたいでしょう。しかし、ここでも注意が必要です。まず、確認事項として、モスクは観光地ではありません。あくまでも宗教施設です。礼拝に来る人のための場所ですね。なので、(「必見」と言っておきながら…)イスラム教徒でないならば基本的には、モスクの中には入らないで下さい。

これには例外もありますのでご安心を。観光地として入場料を取っているモスクだけに狙いを定めましょう。例えば、カサブランカにはモロッコ最大のモスク「ハッサン2世モスク」があります。ここでは礼拝の場所とは分けた形で、入場料を払えば、中に入って、素晴らしい景色を楽しめるのです。さらに、女性はもう一点注意が必要です。必ず、スカーフやショールを持参しましょう。半袖半ズボンも避けて下さい。

 

◎解決策① 入場料があるモスクにだけ入るようにする

◎解決策② モスクに入るための持ち物をよく考える:役立つ記事を確認→【99%の旅人が知らずに後悔】モロッコ旅行に本当に必要な持ち物7選

 

恐怖4. レストランでお金を巻き上げられる

 

モロッコ新婚旅行

Image: FT

 

レストランでは気をつけて下さい。モロッコに新婚旅行で来て、レストランでぼったくられるなんて最悪ですね。モロッコの料理は実際、素晴らしいものです。ここに通算1年間住んでいる私が断言します。しかし、レストランでぼったくられる可能性はあるので注意が必要です。例えば、おつりには注意!会計をしておつりともらう時には、必ずその額を数えるようにしましょう。

レシートに明記されない限り、普通、チップは自動的では含まれません。なので、しっかりと金額を受け取ったら、その中からいくらかのチップを払うようにしましょう。例えばレストランで食べた時には5〜10ディルハムくらい払えば十分です。モロッコに在住している私でもびっくりするのですが、平然と、わざと少ないおつりを返されることがあります。これはタクシーにも言えることです。必ず、お金は数えるようにして下さい!

 

◎解決策① レストランではおつりをしっかり数える

◎解決策② タクシーでも必ずおつりを数える