全州(チョンジュ)で韓国らしさ溢れる民家(韓屋)に宿泊する際のポイント

韓国の民家に宿泊する

 

全州(チョンジュ)は昔ながらの民家が軒を連ねる素敵な町です。

ここで(思いがけず宿泊数を延長しながら!)複数の民家に宿泊しました。

それでは、全州(チョンジュ)で民家型のホテルを選ぶ際のポイントをご紹介します!

 

全州で民家に泊まってみよう!

 

全州の民家はとってもお洒落で、ぬくもりがあってお勧めです!

 

お勧めの民家をピックアップ!

 

おすすめNo.1

Skylove Guesthouse Hanok

▶ 安価でありながら、お洒落につくられた部屋がなんともいえない雰囲気です。オーナーの女性は韓国語しか話せませんが、ここで働いているスタッフ(「キュレ」という名前の彼とは友達になりました)は英語を話します。

 

そもそも全州の民家とは?

 

全州には素敵な民家が広がっていますが、これは韓国伝統の住居で、名前は韓屋(ハノク)です。

この韓屋に宿泊できるというから最高ですね。

 

全州の民家に宿泊する方法とは?

 

民家に泊まるのは難しくありません!

色々なサイトから普通に予約をすることができます。

例えば、Bookin.comやagodaですね。

 

宿泊地を「全州」(または英語ではJeonju)にして検索をすれば、たくさん素敵な民家が表示されます。

 

民家(ハノク)に宿泊する際のポイント①:布団の薄さはOK?

 

基本的に、韓国の伝統的な布団は、日本のそれに比べて非常に薄いです。

これで、腰が痛くなったり、寝心地が悪いと感じる日本人はいるでしょう(私は大丈夫でしたが…!)。

 

全州で民家に宿泊する際には、これで寝る可能性がほぼ100%であることを頭に入れておきましょう。

 

民家(ハノク)に宿泊する際のポイント②:床で過ごす

 

日本人の私たちにとっては、これはむしろ嬉しいポイントかもしれません。

床に座ってくつろぐことができます。

椅子とテーブルの空間が欲しい場合には、民家での宿泊はお勧めしません!

 

民家(ハノク)に宿泊する際のポイント③:英語は基本的にナシ!

 

agodaやBooking.comを通して民家の宿泊を予約したので…なんとなく、英語がちょっとは話せる人がいるのかと思っていました。

しかし、これは私の勝手な憶測に過ぎませんでした。

韓国語を話す覚悟は必要でしょう。

実際、全州を旅行している人の(目算でしかありませんが)8〜9割は韓国人です。

あまり、外国人向けに英語を話したり、英語の注意書きを用意することはないということですね。

 

基本的な韓国語フレーズをスクリーンショットでスマートフォンに保存するなり、韓国語のアプリをダウンロードするなり…しておくのがお勧めです!

 

全州での民家宿泊を楽しもう!

 

韓国語を話す人々の近くで暮らすからこそ、韓国を感じることができるのでしょう。

実際、私の韓国語はひどいものです。

しかし、今回の民家宿泊のお陰で、必死に勉強することができました。

ローカルを感じる素敵な機会にして下さい。