【ガーナ在住1年+αが伝授!】100%実体験に基づいたガーナの治安情報

phonto

 

ガーナに通算1年半以上滞在してわかった治安情報をお知らせします!

 

ガーナといえば日本人の皆さんには「チョコ」のイメージしかないかもしれません。

きっとガーナの治安がどのようなものなのか、全く検討がつかない人もたくさんいることでしょう。

 

しかしご安心を。実際にガーナに旅行する際にもとっても役立つ治安情報を一挙公開!

 

ガーナの治安は大丈夫?

 

まずは、ガーナの治安状況をおおまかにお知らせします。

一言でいうと、ガーナの治安は安定しています。特別な紛争や病気の流行が無い限りは、安心して旅行ができる国です。

 

日本人にとってガーナの治安は?

 

先ほど、大まかに「ガーナの治安は安定している」とお話ししました。ここからはもう少し踏み込んで治安状況を見ていきましょう。

日本人にとってガーナの治安は少し複雑です。襲われたり、ものを盗まれたりするか?といえば、そのような心配はほとんど不要です。

 

かといって、日本の感覚でほんわか旅行ができるかといえば…そんなことはありません!つまり、「無事に旅行や生活はできるが、それなりの危機管理は必要」ということですね。

それでは、実際に、どのようなことを気をつければいいのかお伝えしましょう。

 

ガーナの治安と道歩き

 

まずは治安として、「安全にそこら中を歩き回ることができるか」考えてみましょう。

 

結論から言えば…

(1)夜中で無い限り、また(2)極端に危険とされているエリアに行かない限り、(3)人混みに入って行かない限り…安全に過ごすことができます。

 

そのような意味で、色んな場所を自由に歩く周る分には、治安上の心配はありません

 

ガーナの治安と犯罪

 

犯罪は怖いですね。犯罪にも色々な種類がありますが、ガーナで一番注意すべきは、スリや強盗でしょう。私の経験では、そこまで「手荒な」強盗はありません。

 

どちらかと言うと、落としたものを「ヒョイっ」と持って行ってしまったり、ちょっと置いたつもりの携帯電話などが無くなったりといったところです。

 

ガーナの治安で気をつけること

 

ガーナを旅行するとき、ガーナで生活するとき、まず気をつけるのは、軽犯罪です。できるかぎり現金や高価なアクセサリを不意に「アピール」してしまわないように気をつけましょう。

 

夜道を一人で歩かないことも重要です。

 

若者の間ではテクノロジーへの執着心が強い傾向があるので、人や場合によっては、あなたのスマートフォンやパソコンなどを「欲しい」または「売って欲しい」と話を持ちかけられることもあるでしょう。

 

そんな時には、本当に売りたいと思わない限り、きっぱりと断るようにして下さい。

混み合った場所も要注意です。バックパックはしっかりと鍵を閉めるか、もしくは、前に抱えるようにして持ちましょう。

 

ガーナの窃盗パターン

 

ガーナの治安を知るための近道として、盗みのパターンを知っておきましょう!

 

やはり一番気をつけたいのが、〈混雑しているとき〉、〈暗いとき〉です。この両方が合わさったら、なおのこと要注意です。

 

私が実際に遭いそうになった被害の舞台は、タクシーです。これに乗っている時に、窓が開いていたのですが、外から駆け寄って来た男が車内に手を伸ばし、かばんを根こそぎ持って行こうとしました…!

 

タクシーでは、一人では助手席に乗ることになりますが、できるかぎり窓を閉めましょう

日本からの友人にガーナを案内したときには、バスに乗っていましたが、外から手が伸び、彼のスマホが盗まれそうになりました。

 

ガーナの都市で見る治安

 

それでは、ガーナと一口に言ってもたくさんの都市があるので、主要なものを見ていきましょう!

 

首都アクラの治安は?

 

ガーナの首都アクラはまず、要チェック!日本からガーナに行く日本人の多くが滞在することになるのがアクラです。

 

アクラはガーナ最大の都市で、経済の中心地です。ほぼ全ての主要ビジネスがここに拠点を置き、活気で溢れています。ビジネス関係でガーナを訪れると、ミーティングの便宜上からもアクラが中心になることが多いです。

 

アクラの治安は、他の都市よりも注意が必要です。いわゆる田舎の村やもう少し小さな町よりも、犯罪に手を染めている人が多いのは事実でしょう。

 

他の小さな町から仕事を求めてたくさんのガーナ人が流入しています。実際に働き口が豊富にある訳ではなく、その結果として、しかたなく犯罪に及ぶ人たちがいます。

 

とはいえ、決して「危険な町」ではありません。都会なりの緊張感は、頭の片隅に忘れずに持っておきましょう。

 

ガーナ第二の都市クマシは?

 

ガーナ第二の都市はクマシです。ここを観光で訪れる人々は少なくありません。

 

もともとガーナの起源であるアシャンティ王国は、ここクマシで隆盛しました。そんなクマシには、独特の自信と迫力があります。「我々こそがガーナの生みの親である!!」という雰囲気でしょうか。

 

巨大なマーケットを訪れれば、その活気を感じられるでしょう。気をつけるべきは、そのような混雑した場所です。スリには十分に気を配る必要があります。

 

とはいえ、首都アクラに比べると、時間がゆっくりと流れ、自然も多くて落ち着ける場所です。面白いのが、クマシ在住で仲良くさせてもらっている日本人の方はよく、「アクラに来るたびに圧倒される」と言います。