【滞在を200倍お得に】パラワン、プエルト・プリンセサの物価・超具体的な値段まとめ

 photo

 

フィリピン、プエルト・プリンセサは超快適で自然満載の素晴らしい場所です!

そして…安い!!

ここでの滞在や旅行をより一層有意義なものにするために、物価情報をご活用下さい!

全て、現地で実際に生活した記録をまとめたものです。

 

プエルト・プリンセサの具体的なものの値段が気になるあなたへ

 

私が実際旅をしていて、手に入れるのに苦労する情報…それが「正確な物価」です。

ある程度滞在しないと分からないものですからね。

皆さんには、そんなちょっとした努力の結晶を無料でプレゼント!

 

  • [トライシクル(ハイヤー)]空港からホテルまで = P100
  • San Miguel Pilsen 320 ml = P26 (NCCC Mallの中にあるスーパーマーケット
  • San Miguel Pilsen 320 ml = P27.5 (Robinson Mallの中にあるスーパーマーケット)
  • San Miguel Flavored Beer (Apple) 330ml = P24 (NCCC Mallの中にあるスーパーマーケット
  • San Miguel Flavored Beer (Apple) 320 ml = P27.5 (Robinson Mallの中にあるスーパーマーケット)
  • [水 緑のラベル]Absolute 1500ml (NCCC Mallの中にあるスーパーマーケット)=  P29.5
  • NCCC Mall近くの道端のカステラ = 1個P8
  • ジム = P25 (National Hi-Way沿いにあるMercury Drugの奥)
  • [トライシクル]Pristine Beach入り口〜FernandezとRizal Avenueの交差点 = 二人でP30
  • [トライシクル]Wescom RoadとNational Hi-Wayの交差点〜FernandezとRizal Avenueの交差点 = 二人でP20
  • [トライシクル]FernandezとManaloの交差点〜Pristine Beachのすぐ直前まで = P30
  • [バス]FernandezとRizal Avenueの交差点〜Wescom Roadの交差点 = 二人でP15
  • アイスキャンディー さつまいも味(おじさんが売り歩いている)= P7

 

プエルト・プリンセサで安く滞在するための「食事の鉄則」

 

ただ物価情報をリスト化しただけでは物足りません。

そこで…こちらです。

プエルト・プリンセサで安く食事を買うなら…というコツをまとめておきましょう。

 

1. 屋台で安く済ませる!

 

photo

 

屋台が安いことは簡単に想像できるでしょう。

豚串や簡単な揚げ物であれば基本的にP10で購入できます!

 

ここで重要なポイントがあります。

 

ポイント1. 屋台は基本的に夕方から

 

「屋台があるならいつもそれだけ食べよう!」と思う気持ちはよくわかります。

しかし、ちょっと待って下さい。

どの時間でも屋台が出ているとは限りません。

 

目安としては午後6時以降と考えるのがいいでしょう!

 

ポイント2. 屋台で買うならご飯と合わせて

 

個人的なお勧めですが。

屋台では揚げ物などをちょっとづつ購入することができます。

そんな理由から、ご飯+ちょっとしたものを複数…という買い方がおすすめです。

 

バランスを整えつつ、お腹を満たすことが可能です!

 

2. ファストフードで安く済ませる!

 

これも素晴らしい選択肢です。

ファストフード店は非常に安い!

中でもお勧めは以下の通りです。

 

1. ジョリビー/Jolibee

 

ジョリビーはフィリピンを代表する国民的ファストフード店です。

フィリピンのマクドナルドといったところでしょうか。

(マクドナルドも当然、フィリピンにはありますが…!)

 

ジョリビーのメニューは全て、見事に安い!

セットで注文してもだいたいP80〜150におさえることができます。

 

2. グリーンウィッチ/Greenwich

 

フィリピン、パラワンの物価─Greenwichのピザ等

 

こちらもフィリピンのファストフード店です!

何となく見た目で、欧米系のチェーン店かと思っていましたが、調べたら違いました。

ウェブサイトには「本物のフィリピン・ピザチェーン」と英語で書いてあります。

 

グリーンウィッチの衝撃

 

全く期待しないで、この店に入ったのですが、

実際に食べてみて驚きでした!

普通に低価格でありながら、ちゃんと味付けがされていて本格的なんです!

 

二人で食事をしましたが、その時は一人当たりP120ほどでなかなかの量を食べることができました。

一人で頼む方が僅かに割高にはなると思いますが、それでも素晴らしいコストパフォーマンス!

 

グリーンウィッチをデリバリーした結果…

 

あまりにもお気に入りになり(そして外が大雨だったので)デリバリーを注文しました。

ホテルの電話をかけてみると「最低額がP600でございます」と言われたので、引くに引けず合計P615を購入することに。

こう考えると…フィリピンの基準からすると、少し高めですね。

 

デリバリーの際にはお気をつけ下さい。

ただし、「お腹いっぱいになって次の日にとっておくくらいの量」だったので、実際お勧めです!