【スリル180%】現地で感じたモーリタニアの“本当の治安”(モーリタニア貧乏旅行)

 

現地で感じたモーリタニアの“本当の治安”(モーリタニア貧乏旅行)

 

モーリタニアの治安は独特です。

場所によっては180%の危険とスリルを感じました。

 

実体験に基づいた、モーリタニアの治安情報は以下をご覧下さい!

 

モーリタニアを旅行して感じた“本当”の治安

 

ここにある内容は、全て、私が西アフリカ10カ国程を旅行した時の自身の経験に基づいています。

 

Useful links: US Travel, GOV.UK

 

治安を知る1. 凶悪すぎる国境

 

現地で感じたモーリタニアの“本当の治安”(モーリタニア貧乏旅行)

 

セネガルからモーリタニアへ入国した時の話です。ロッソという場所の国境を越えることになりました。なんと…この国境は「世界最悪の治安を誇る国境」の一つとして知られています。大丈夫でしょうか?まあ、行くしかありません。国境付近に到着するとまず、謎の馬車に乗ります。子供が運転しているもので、国境を越えるためにどこに行けばいいのか分からないので、仕方なく乗ることになります。非常に簡単なつくりの馬車で、いかにも「車輪のついた木の板の上に座っている。そして馬がそれを引っ張ってくれている」というかんじです。少年にお金を渡して降りると、まずは両替所です。

掘建て小屋が両替所として機能しているらしく中に入ります。すると、奥の机には一人の男が。ボスでしょうか。この人に両替をお願いします。セネガルのお金(CFA)からモーリタニアのお金ウギヤ)に換金しなければ、これから生きていけませんからね。知らないうちに、二人のまわりには、大勢の男たちが集結…。完全に囲まれました。仕方ないので、そのまま、お金が一枚づつテーブルの上に置かれていくのを眺めるだけです。1枚、2枚…。しかし問題がひとつ。何人もがお金を重複して数えるのです。「絶対枚数があっていない」と確信した私は、皆から紙幣を取りあげ、1人だけで数えました。すると…案の定足りません。全員のポケットを確認したら、正しい枚数が揃いました。ヒドいものですね、ここの両替所のやり方は。ただし、手口があまりにもせこいので、ちょっと面白かったです。

次に渡し船を使い向こう岸に渡ります。これがまた厄介なのです。川があるとイヤですね。どうしても泳いでいくことができませんから。早速、尋常じゃない値段を請求されます。笑うしかありませんね。後から地元の人に聞いて発覚したのですが、10倍の値段をつきつけられていました。これが「アジア人」への洗礼でしょうか!

 

現地で感じたモーリタニアの“本当の治安”(モーリタニア貧乏旅行)

 

やっと向こう岸に着いたと思ったら今度は大量の人!人の群れができています。時間帯がラッシュアワーだったのでしょうか。理由はわかりません。多くの人がモーリタニア側のゲートを突破できないでいます。色々な国の国境を経験してきましたが、この混み具合は初めてです。順番という概念が存在せず、皆が我れ先にゲートを突破しようとしています。整理券を獲得するのも一苦労で「絶対並んだ方が全体的にスムーズになるはずなのに」とだけ思っていました。

ただ個人的にはロッソの国境はお気に入りでもあります。なんだか、冒険をしているような気分になれますからね。もしこの国境に治安という言葉を使うのであれば…「最悪の治安」です。気軽な気分で行くべき場所ではないでしょう!

 

治安を知る2. 物乞いと友達になった話

 

現地で感じたモーリタニアの“本当の治安”(モーリタニア貧乏旅行)

 

モーリタニアの端から端まで縦断しました。最初に訪れた町は首都ヌアクショットで、次はモーリタニア北部の町ヌアディブです。ヌアディブでは、物乞いの少年と友達になりまいた。年齢は中学生くらいでしょうか。道を歩いていると、突然かけよってきて「何か食べ物を買いたいので、お金を下さい」という仕草をしてきました。西アフリカの旅行で、「このような場合には何も渡してはいけない」というルールを確立していた私は、その場で何も渡すことなく、ただ先を進みました。

後日のことです。あるお土産を売歩く男と仲良くなりました。この男が、「家まで遊びに来い」と言って招待してくれたので、ついていくことに。すると、なんとそこで出会ったのが先ほどの少年です。その時、私は大きなことに気がつきました。最初にその少年にあった時は、ただ「物乞いをしている子」としてしか見れませんでした。しかし、二回目にあった時には、一緒にサッカーをして遊ぶ仲になったのです。物乞いをしている少年を見かけたら、その場所の治安はあまりよくないと感じてしまうでしょう。しかし、私はその裏側を見ることができました。ふつうに元気で、人懐こい少年です。経済的に苦しい生活をしている人がいることは分かりましたが、決してそれが治安の悪さには直結しないのだと学んだのでした。

 

治安を知る3. ゴーストタウンだらけ…?

 

現地で感じたモーリタニアの“本当の治安”(モーリタニア貧乏旅行)

 

さらにモーリタニア全体の雰囲気をご紹介しましょう。私が訪れた町はことごとく…静かでゴーストタウンのようでした。いかにも砂漠の中にできた町という雰囲気です。高い建物は全然見当たらず、こぢんまりとした家やレストランが並びます。砂が強く吹き、皆が顔を覆いながら、静かに歩いています。人は全体的に、静かで、穏やかな印象です。口調もやわらかでいかにも平和な人々。西アフリカの中でも南部(ギニア、シエラレオネなどなど)を旅行してきた自分としては、あまりにも「スリルがない」場所だと感じました。もちろんこれはとってもいいことです。気楽に、治安を心配することなく、外を歩き回ることができますからね。

 

治安を知る4. 灼熱地獄すぎる国境

 

現地で感じたモーリタニアの“本当の治安”(モーリタニア貧乏旅行)

 

モーリタニアの国境第二弾も…すごいインパクトです。モーリタニアから北上し、西サハラと呼ばれる地域に入る時のことでした。乗り合いタクシーでこの地に到着したのですが、同乗者は全員セネガル人。彼らははるばる(私も同じですが…)ここモーリタニアの最北端までやってきたとのこと。国境のチェックはわりとスムーズでした。カードを記入する係の人に賄賂を渡して、さっさと記入してもらいます。賄賂を使わない方法もあるかもしれませんが、それだと何を書けばいいのかもよくわかりません…。砂漠の真ん中にある窓口にパスポートとカードを渡したら、すぐに通過できました。

しかし、同乗者であるセネガル人たちが一向に通過できません。実際、そのうちの一人が裏で恐喝されているところも目にしました。そうとう余計にお金を払わされたみたいです。セネガル人に対する厳しさを垣間見ました…。西サハラとは言うものの、この地域を支配するのはモロッコです。一部で紛争地域がありますが、海沿いは完全にモロッコだと言い切ることすらできます。モロッコの国旗も堂々と掲げられているくらいですからね。どうやら、セネガル人がモロッコに入国する際には、あまり歓迎されないみたいです。

セネガル人全員が審査を通過するまでには、かなりの時間がかかりました。さらに、ここから待ち時間が続きます。皆を乗せてきたタクシーを丸ごと検査するというのです。かなり手の込んだ検査ですね。車をチェックする専用のターミナルがあり、ここを順番に車が通過していきます。ただ、よく見ると、大量の長距離トラックが並んでいて、タクシーの検査終了はまだまだ…。サハラ砂漠の炎天下で、1時間、2時間、3時間と時間が経過し…ついにタクシーに乗れるようになりました。3〜4時間は待ったでしょう。

砂漠という「置いていかれたら、一人で死ぬのかな」と思わざるを得ない恐怖の環境ですが、治安は決して悪くはありませんでした。ただただ、灼熱地獄の中で、どれだけ忍耐力を持って待つことができるのかという話です。

 

モーリタニアの治安は…

 

結局のところ、モーリタニアの治安はとてもいいです。ただし、両側の国境はかなり「アドベンチャー要素」が豊富で、越えるのが大変です。西アフリカ全体を周る中でモーリタニアを訪れるとなると…気合いが必要かもしれません。逆に、各都市を飛行機で移動するだけであれば、なにも問題はないでしょう!