今海外旅行に行くなら!消滅、変化してしまう前に見たい世界の絶景8選

Seychelles-Island

 

今すぐ海外旅行に行くなら!!

 

世界中には絶景、素敵な場所が盛りだくさん!「死ぬまでに」とかのんびりしたことを言っている場合ではありません!今海外旅行に行くならココだ!という世界の絶景を厳選しました。

今すぐ海外旅行に出かけましょう、絶景は待ってくれません!とはいえ、観光客のせいで危機に瀕する場所もありますので、観光する場所の尊重を忘れずに!

 

Source : 10 Places That Are In Danger Of Disappearing Forever

 

今行かないと…間に合わない!?

 

それでは、今海外旅行に出かけなければ、二度と訪れられないかもしれない世界の絶景を見ていきましょう!

 

今行くなら1:グレートバリアリーフ

今すぐ海外旅行に行くなら

Image: Secret Earth

オーストラリア、グレートバリアリーフ内、サンゴでできた島、レディ・マスグレイヴ島(Lady Musgrave Island)をはじめとした美しい景観は、サンゴ白化現象、汚染、水位上昇を食い止めない限り、消滅への道を歩み続けると予想されています。

 

今行くなら2:セイシェル

今すぐ海外旅行に行くなら

Image: Ventures Africa

セイシェルはインド洋に浮かぶ、115もの島々から構成される共和国です。よく「楽園をこの世に再現したような場所」と表現されます。実はこの島々、サンゴの死滅に苦しめられているのです。砂浜の浸食が進み、50~100年の間に、セイシェルが完全に沈んでしまうという説もあります。

 

今行くなら3:ヴェネツィア

今すぐ海外旅行に行くなら

Image: Hotel Villa Beatrice

ヴェネツィアに“危機”というイメージは少し意外でしょうか?実は、この水の都、かつてに比べ、5倍もの速さで浸水しているのです。残念なことに、押し寄せる観光客の波も、この状況に拍車をかけています!

 

今行くなら4:タージ・マハル

今すぐ海外旅行に行くなら

Image: Lonely Planet

インドを代表する左右対称が絶妙な建築、タージ・マハル。この圧倒的な存在感を誇る世界遺産も、見られなくなる可能性があるのです。ここで深刻なのが大気汚染です。人々の間に、タージ・マハルが閉鎖されるのではという不安が漂っています。現に、タージ・マハルの白が、少しづつ“黄色”に変わっているのです!

 

今行くなら5:キリマンジャロ

今すぐ海外旅行に行くなら

Image: Diary Traveler

アフリカの広大な大地にそびえ立つのが、キリマンジャロ。動物たちの生活を見守るこの巨大な山のてっぺんにある雪が、どんどんと減少しています。その原因が加速を続ける温暖化です。雪の無いキリマンジャロが想像できますか?

 

今行くなら6:ガラパゴス島

今すぐ海外旅行に行くなら

Image: Trip Advisor

ガラパゴス島は、南米エクアドル沖にある“生物の宝庫”とも呼ばれる神秘の島です。この島に襲いかかるのが、固有種の絶滅という脅威です。原因は無責任な観光客の行動と、外来種の流入です。観光地化と、固有種の保護は、両立が難しいですものですね。

 

今行くなら7:ラオス

今すぐ海外旅行に行くなら

Image: Independent

ラオスはアジアの中でも数少ない、豊かな原風景を残す美しい国です。タイ、ベトナムなど、周辺国での観光客の増加、都市化を考えると、今のうちにラオスを訪れて、この美しい風景を楽しむべきでしょう!個人的には、世界遺産にもなっているルランプラバン(ルアンパバーン)の川と古民家の景色がお勧めです。

 

今行くなら8:ブルキナファソ

今すぐ海外旅行に行くなら

Image: emmaus international

アフリカには、著しい経済発展を遂げる国がたくさんあります。例えば、コートジボワールの首都アビジャン、ケニアの首都ナイロビ、南アフリカのヨハネスブルグは、高層ビルの建ち並ぶ、“完全なる”都会です。最近では、ガーナの首都アクラなどの発展もものすごいものです。そんな中で絶妙な素朴さを残すのがブルキナファソです。首都のワガドゥーグーには、目立った高層ビルなどもまだ少なく、人々の穏やかさには癒されます。

 

 

世界には美しい場所がたくさんあります。

その全てが、どんどんと変わっていきます。

自然が残る場所、人の心が豊かである場所には行っておきたいものですね。

私たち旅人は、責任を持った上で旅行を楽しみましょう!

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)