【魚がお客さん?】メキシコの海底に現れた「水中美術館」が色んな意味で「深い」!

6-25-underwater-art-06-934x_R

 

カンクン沖の海中に現れた美術館!

 

メキシコ南東部の町カンクン沖に現れた海中美術館

まるで「海中に沈んだ遺跡」のような雰囲気をかもし出す彫刻の数々は必見です。

 

なんでも、「魚をお客さん」としているようなのですが。

早速、「海中美術館」の謎に迫りましょう!

 

Source & Images: An Underwater Museum Transforms Sculptures Into Living, Breathing Coral Reefs

 

メキシコ、カンクン沖;「海中の彫刻美術館」

繊細に形づくられた彫刻の数々と、その背後を回遊する魚たちの組み合わせが何とも不思議!

 

メキシコ、カンクン沖;「海中の彫刻美術館」

この彫刻がつくられたのは2009年のこと。

 Jason de Caires Taylorというアーティストが、

地元カンクンの海洋保全機関(National Marine ParkとCancun Nautical Association)とタッグを組み完成させました。

 

メキシコ、カンクン沖;「海中の彫刻美術館」

海中でこのような光景に遭遇したら、思わず世紀の大発見をしような気になってしまいますね!

 

メキシコ、カンクン沖;「海中の彫刻美術館」

やっぱり、海中というバックグラウンドに彫刻が飾られている光景は、独特な世界観。

 

メキシコ、カンクン沖;「海中の彫刻美術館」

こちらの彫刻を見てください。

海草が生い茂っていますね。

これこそが、「海中美術館」の真の狙いなのです!

 

メキシコ、カンクン沖;「海中の彫刻美術館」

これらの彫刻たちは、単にアート目的でつくられた訳ではありません。

海中の生き物たちが住みかをつくったり、新たな生命が生まれる」のをサポートする事を目的としています。

 

メキシコ、カンクン沖;「海中の彫刻美術館」

(「遅刻を、お許しください。東横線が人身事故の影響で・・・。」でしょうか。)

 

時の流れの中で変化するのがアートだと言われますが・・・。

この彫刻は特に、自然の力に圧倒され、形を変えていく事を良しとしています。

 

人間の手でつくられたものが、より自然に近い姿へと変化していく。

その過程を楽しみ、結果的に魚たちの住環境をつくることもできる。

 

自然と共生していくアートのかたちですね、面白い!

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)