絶品料理と合わせて見る、世界の“ほっぺた落ちっぱなしチーズ”ベスト10

full_Emmental

 

 

世界の絶品チーズ

 

食べると幸せになれる絶品チーズ、いや、見ているだけでほっぺたが落ちる世界のチーズをご紹介します!!チーズっていいですね。濃厚な旨味と、口の中でとろける舌触り!

チーズ毎に、“間違いのない料理例”も載せてあります。これを見たあなたは、必ずチーズを求めて町をさまよい歩くことになるでしょう、お気をつけください!

 

Source: Listverse

 

世界のチーズ 10位:ペコリーノ/ Pecorino – Italy

(source: Wikipedia)

pecorino-romano-cheese

(image: via The Globetrotting Panda)

spagetti_carbonara_806099

(image: via Antonio konyhája)

名前:ペコリーノ

原産:イタリア

原料:羊の乳

特徴:塩分が多く、味が濃いめ

料理:スパゲッティ

豆知識:ローマなどでは、5月のメーデーの時期に、とれたて新鮮なソラマメ、ワインと一緒にペコリーノを楽しむ習慣があります。この時期にだけ出会える味は要チェックです。

 

 

世界のチーズ 9位:カマンベール/ Camembert – France

(Source: Wikipedia)

camembert_new

(image: via 4)

DSC_1294

(image: via Eat.Love.Live)

名前:カマンベール

原産:フランス、カマンベール村

原料:牛乳

特徴:コクとうまみがあり、赤ワインによく合う

料理:バゲット(フランスパン)と共に

豆知識:フランスの詩人、レオン=ポール・ファルグという人はカマンベールの香りを「神の足」と形容したそうです。それは、褒めているのか、なんなのか・・・。

 

 

世界のチーズ 8位:グリュイエール/ Gruyère – Switzerland

(source: Wikipedia)

368224_gruyere_SCM

(image: via AGIR)

110110SH-KS-dining011401_t607

(image: via naplesnews.com)

名前:グリュイエール

原産:スイス、グリュイエール地方

原料:牛乳

特徴:密に詰まっていて、塩気とともに甘さがある

料理:キッシュ

豆知識:年代によって味に変化が。初期→クリーミー、後期→より深い味わい。

 

 

世界のチーズ 7位:マスカルポーネ/ Mascarpone – Italy

(source: Wikipedia)

IMG_6799

(image: via Mangio da sola)

DSC06848

(image: via Tirami Su Cooking Blog)

名前:マスカルポーネ

原産:イタリア

原料:牛乳

特徴:チーズというより、生クリームに近い甘み

料理:ティラミス

豆知識:マスカルポーネチーズの75%は乳脂肪です!

 

 

世界のチーズ 6位:レッド・ウィンザーチーズ/ Red Windsor Cheese – England

(source: Wikipedia)

Red_windsor_cheese

(image: via Wikimedia Commons)

red_windsor_cutwebsite_photo_84378000

(image: via realitatea.net)

名前:レッド・ウィンザーチーズ

原産:イギリス

原料:牛乳

特徴:濃厚な味わい、後味にはわずかにワインの香り

料理:クラッカーと共に

豆知識:見た目にも特徴的なレッド・ウィンザーチーズの赤は、ワインによって出されています。「ワインとチーズという最高の組み合わせ」を最初から混ぜてしまった面白いチーズです!

 

 

世界のチーズ 5位:イラクサのチーズ/ Nettle Cheese – England

(source: Listverse)

Buffalo-Creek-Creamery

(image: via Cheese and Champagne)

risotto1

(image: via just cook it)

名前:イラクサのチーズ

原産:イギリス

原料:牛乳

特徴:パラパラとした食感に濃厚な後味

料理:リゾット

豆知識:イラクサ(植物の一種。茎や葉にトゲがある。)のチーズという名前の通り、このチーズは熟成の前にイラクサの葉できつく包まれます。そのまま数ヶ月置いておくことで段々とイラクサにカビが生えてきて、乾燥が進むと完成です!

 

 

世界のチーズ 4位:スティルトン/ Stilton – England

(source: Wikipedia)

Stilton-half

(image: via Formaggio)

830cc47735854dbe9d6d6bf39ae89a09

(image: via Market District)

名前:スティルトン

原産:イギリス

原料:牛乳

特徴:強くてクセのある香り

料理:ステーキ(ブルーチーズソースとして)

豆知識:スティルトンは、名前こそ有名ではありませんが、フランスの「ロックフォール」、イタリアの「ゴルゴンゾーラ」と共に「世界三大ブルーチーズ」に選ばれています。

 

 

世界のチーズ 3位:ダナブルー/ Danablu – Denmark

(source: Wikipedia)

danablu_cheese_denmark_012GCI00589

(image: via Visual Photos)

Danish-Blue-Cheese-Salad-Horizontal

(image: via Outside Oslo)

名前:ダナブルー

原産:デンマーク

原料:牛乳

特徴:8〜12年熟成させてつくられる濃い味である一方で、あと味がさっぱり

料理:サラダ

豆知識:ダナブルーは、20世紀の初頭に、フランスのロックフォールチーズを真似ようとしたデンマーク人によってつくられました。

 

 

世界のチーズ 2位:エメンタール / Emmental – Switzerland

(source: Wikipedia)

full_Emmental

(image: via Golden Ears)

cheese-fondue

(image: via Les Studios de Paris)

名前:エメンタール

原産:スイス、エメンタール地方

原料:牛乳

特徴:木の実に似た芳醇ば香り

料理:チーズフォンデュ

豆知識:「チーズの王様」とも呼ばれるエメンタールは、“穴の空いたチーズ”としてイラストやアニメでモチーフとなっています。トムとジェリーで見かけるものもエメンタール!

 

 

世界のチーズ 1位:ハルーミ/ Halloumi – Cyprus

(source: Wikipedia)

halloumi-sliced

(image: via Foody Two Shoes)

halloumi-close1

(image: via Foody Two Shoes)

名前:ハルーミ

原産:キプロス

原料:ヤギの乳と羊の乳を合わせたもの

特徴:モッツァレラのような柔らかさに塩の味わい

料理:野菜と合わせた揚げ物

豆知識:塩水を含む原液に浸したまま-18度以下で冷凍すれば、一年間の保存が可能で、さらに融点が高いので揚げ料理に使うこともできます。

 

 

おわりに

 

お気に入りのチーズ、又はチーズ料理は見つかりましたか?キッシュやフォンデュのような定番絶品料理から、甘いティラミス、あまり知られていない揚げ物まで・・・チーズって最強の食べものですか?「世界を知るための勉強に」という言い訳で、食べ物ネタに食いつくあなたにぴったりな記事でしたね!

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)