【World News】たったの47秒;“世界一短い”飛行機の飛行時間@パパ・ウェスレー飛行場

shortest-flight-1[5]

 

世界一短い飛行時間

 

あなたは飛行機に乗ったことがありますか?ワクワクするという人もいれば、怖くてしょうがないという人もいますね。飛行機が苦手だという人はもちろん、大好きだという人も、「飛行時間が長過ぎるな」と感じた事が、一度はあるんじゃないでしょうか?

座席に映画のスクリーンがあれば何とかなりますが、そうでもなければ・・・後半は「寝る」と「機内食」の繰り返しなんてことも・・・。

でもちょっと待ってください。世界には“あまりにも短い飛行時間が存在しているのです。その飛行時間はたったの47秒!もはや、搭乗手続きや乗り込む時間を合計した方が長そうですね。

(Source & Images: World’s Shortest Commercial Flight is Just 47 Seconds Long – Amuzing Planet)

 

shortest-flight-1[5]

 

上の航空写真を見てみると分かるように、飛行距離はたったの2.7km。渋谷から新宿を線路で行くと3.4km程なので、それ以下です。新宿-渋谷間を飛行機で移動なんてかなり面倒くさいですね。

これこそが世界一短い飛行時間が体験できるルートです。(※正確には世界一短い商用飛行の時間です。プライベート飛行を入れたら何でもありになってしまうので。)

 

shortest-flight-2[3]

 

二つの飛行場の名前は「ウェスレー飛行場(Westray Airfield)」と「パパ・ウェスレー飛行場(Papa Westray Airfield)」。それぞれが島になっていて、これらの島があるのはスコットランドの北部です。

 

shortest-flight-3[2]

 

こちらが、パパ・ウェスレー飛行場から飛行機が離陸した時の様子。

 

shortest-flight-4[2]

 

さらにこちらにある小さな小屋は、なんとパパ・ウェスレー飛行場ターミナルです。こんな簡素な小屋を通って、飛行機に乗り込むんですね。

 

shortest-flight-5[2]

 

ウェスレー飛行場パパ・ウェスレー飛行場を結ぶのは、このような小型飛行機で、就航しているのはローガンエアー(Loganair)という航空会社です。公式の発表によると飛行時間は2分ですが、風のコンディションなどが整うと47秒という信じられないタイムが出るようです。

気になる、この飛行機を利用する人ですが、そのほとんどがオークニー諸島(この島々を含むスコットランドの行政区)議会の教育部門担当者と国営保険サービス(National Health Service)のスタッフ、患者となっています。あまり一般の人は利用していないということですね。

ちなみに、この飛行の値段は30$(日本円で3000円)ほど。47秒で3000円ということは、1秒63円!これを高いと考えるか、安いと考えるかですね。

ちなみに、世界一短い飛行時間の動画もあります!離陸から着陸までが、一つの動画に収まってしまうなんて・・・ちょっとせつない。飛行というよりも、「ちょっと長めのジャンプ」です!

 

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Shunya Ohira

編集長 at YOSO-Walk
1989/9/26 / これまでに50カ国以上を旅 / 愛するのは自然と動物 / ガーナ、モロッコ、日本を拠点に“ゴミゼロ社会”を目指し、リサイクルプロジェクトや、ウェブマーケティング会社の指揮を取っています。日々勉強。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)