【4ステップ】初めての海外旅行者におすすめの準備と気をつけること【初心者用】

162views

 

この記事を読んでいるあなたは、人生で初めての海外旅行を計画中かもしれませんね。初めての海外旅行……きっと、とてもワクワクしているはずです!でも、同時にちょっとした不安も感じていると思います。「何か忘れていることはない?」「飛行機にはちゃんと乗れるだろうか。」「海外旅行中に何か問題が発生したら?」

 

そこで、初めての海外旅行を成功させて楽しいものにするために、この記事では計画段階から現地までで押さえておくべきポイントを総まとめしてみました。「備えあれば憂いなし」と言いますよね。ひとつひとつの項目をチェックしながら旅の準備をすれば、あとは安心して海外旅行に出発するのみです!

 

Useful source: 50 Essential Tips for First-Time Travellers, Travel tips: 11 mistakes every first-time traveller makes

 

1. 海外旅行の計画

 

初心者の初めての海外旅行(準備や心得)

 

先ずは行き先を決めたら、早めに情報収集を始めます。 この時、ついつい細かな旅程を決めたくなりますが、これはまだ後にしましょう。理由は初めから詰め込んでしまう前に、航空券を探したり大まかな移動手段を予約したりと、すべきことが多々あるからです。

 

フライトの比較には、Skyscanner(スカイスキャナー)がおすすめです。フライトの検索画面では発着地と日程を入力しますが、もし海外旅行の日程に多少の自由度があるならば、検索結果で「月全体を表示」をクリックして希望する日程の前後のフライトの値段も必ず確認しましょう。場合によっては数日ずらすだけで大幅に節約できることがあります。

 

▶︎ 徹底的に安い航空券を購入する方法ついてはこちらの記事をご覧ください。

 

また、最安値のフライトや直行便が一番いいとは限りません。最安値では乗り換えが3回以上ある場合や乗り継ぎの待ち時間が数時間になることも。これでは、初めての海外旅行なのに目的地に着く頃にはどっと疲れてしまいます。また直行便は値段が高くなりがちなので、乗り換え1回程度のフライト等があれば見比べて選ぶと節約できるかもしれません。目的国に入ったら鉄道などを組み合わせるという方法も、国や旅程によっては検討しましょう。

 

公式サイトの確認も忘れずに

 

さて、無事に納得のいくお得なフライトが見つかったとしましょう。直ぐにでもチケットが表示されているサイトから予約したくなりますが、一度は利用したい航空会社のホームページに行って、そこでのチケットの値段を確認してください。航空会社の本家のサイトが一番安いということも案外多いのです。

 

宿探しのコツ

 

フライトを確保したら、いよいよ宿探しです。海外旅行の初心者であれば、安心な旅行会社のパッケージ旅行をまとめて予約したくなるかもしれません。それも悪くはありませんが、できれば宿と朝食のみ旅行会社から予約して、残りは自分で探した方が納得のいく内容と金額に収まる可能性が高いのも事実です。

 

*ホテルも航空券も全て、まとめて一つのサイトから予約したい場合には、エクスペディアが便利です。一方でシンプルに日本発着の航空券を入手するには、イーツアーがおすすめです。

 

詰め込み過ぎない旅程が大事

 

もうひとつ、フライトに関連して旅程の計画で注意が必要なことがあります。意外と盲点なのですが、フライトがオーバーブッキングになる可能性を考えなければなりません。頻繁にあることではありませんが、オーバーブッキングで万が一予定していた便に乗れず到着が遅れたら、せっかく細かく立てた計画も後ろにずれ、もし予約を詰め込んでいればそれらもキャンセルになってしまいます。計画の際に初めから詰め込みすぎないと言ったのには、こういう理由もあったのです。「計画には、余裕と自由度を持たせる」ことです。初めて海外旅行のプランを立てる時には、ぜひこれを心に留めておいてくださいね。

 

準備段階でその他の面でチェックしておく必要があるのは、旅行保険ワクチン接種です。旅行保険は使う必要がないのが一番ですが、入らないのは危険です。クレジットカードに海外旅行保険がついているものもありますし、しっかり準備していきましょう。それから、旅行先の地域によってはワクチンが要ることもあります。前もって調べて、忘れることのないようにしましょう。

 

▶︎ (外務省)各国・地のワクチン接種医療機関等について

▶︎ 三井住友VISAクラシックカード

 

2. 海外旅行の荷造り

 

初心者の初めての海外旅行(準備や心得)

 

荷造りの内容については既にインターネットなどでリストを見ている人も多いでしょう。それでも、海外旅行の初心者に多いのが荷物が増えすぎてしまうことかと思います。膨大なリストを見て何が必要かパニックになってしまったら、「現地調達が出来るか」を判断基準にすると良いです。

 

現地で買えるものはどれ?

 

例えば、処方薬やサイズの合った履きなれた靴、下着などは必要ですが、日焼け止めやシャンプー、更にはトップスなどは現地でも買い足せますよね。そもそも、そう考えてみたら海外旅行に行ったらお土産として服や化粧品を1つか2つは買うという人もいるのでは。そんなこともあるので、究極的には「絶対に替えが利かないもの以外は忘れたって大丈夫」くらいの心意気で荷造りをすると丁度よい量に収まると思います。

 

バッテリーなどの電子機器は必須

 

それから、現地でも調達できないことはないものの、忘れない方がいいのが、電子機器類です。特に、普段使っている携帯電話などの充電器類に加えてモバイルバッテリーがあると便利。移動中にも充電の減りを気にせず地域のお店探しをしたり写真や動画を撮れるので、旅が格段に楽しくなりますよ。モバイルバッテリーの多くは飛行機の預け入れ荷物には入れられないですから、容量などの規定も併せて事前に確認し、機内持ち込みバッグに入れましょう。

 

さらに、中国で乗り換えがある時にも注意が必要です。なんと、乗り換えるだけなのに、荷物検査を通過する際に…モバイルバッテリーが没収されてしまうこともあるのです。ポイントは、ちゃんと電圧などのデータが確認できるかどうかです。安物のバッテリーだと本体に、電圧などの記載がないことがあります。そして、容赦無く空港職員に取られてしまう、という悲しい結果に。気をつけてください。

 

最後に、電子機器類とセットで忘れずに持って行くべきなのが、変換プラグです。空港などでも売ってはいますが、この際に複数の様式のプラグに対応したものをひとつ用意するのをおすすめします。

 

3. 飛行機の中での過ごし方

 

初心者の初めての海外旅行(準備や心得)

 

フライト中のアドバイスとして、よくあるのが「現地の時間に合わせて寝るといい」というものです。時差が心配な人は、もし可能ならその辺りも考慮してチケットを探すのも手かもしれません。また、海外旅行でヨーロッパまで行くような長距離便は、食事や消灯のスケジュールが大まかに決まっています。

 

機内でのスケジュールを把握しておこう

 

離陸後1~2時間で1度目の食事があり、そのあと機内が暗くなり、着陸2時間前くらいに2回目の食事というスケジュールが一般的。移動では普段よりも疲れますし、これに合わせてしっかり睡眠を取り、現地に付いたら現地時間で夜になるまでは起きているというのも良いでしょう。

 

機内での食べ物と飲み物

 

長距離便だと、フライト中の食事を食べただけでは途中でお腹が空いてしまうことも少なくありません。ですから、機内持ち込みバッグには個包装の食べやすいスナック類をいれておくと安心です。もう一つ食事に関して、気圧の関係で機内でのお酒は普段より酔いが回り易いことも覚えておいてください。お酒は利尿作用もあるので、ただでも脱水になりがちな長距離フライトでは極力飲まない方がよいかもしれませんね。

 

ハンドジェルがあると便利

 

機内でマスクなどの対策をする人が多いと思いますが、意外と便利なのが抗菌作用のあるハンドジェルです。機内持ち込み可能なサイズの100ミリ以下の小さなサイズのものが薬局や空港でも売っているので、ひとつ持っていると食事前や旅行中などもこまめに除菌出来て便利ですよ。

 

4. 現地についてから

 

初心者の初めての海外旅行(準備や心得)

 

いよいよ、現地に到着です。気分は高まっていますが、楽しみながらも海外では気を引き締めて行動しましょう。

 

現地での移動には、プラスαの時間を見込んでおくのが安全です。というのも、公共交通機関でさえ、日本では想像の付かないほどの遅れが発生するのは多くの国において日常茶飯事だからです。それから、タクシーやUberなどを賢く使うことも必要です(もちろん、国によってはタクシー事情に注意が必要なこともあるので、事前のリサーチは必須)。

 

日没後の出歩きには注意

 

一般的に、海外では安全そうな国でも日没後に夜道を歩かない方が良いと言われています。日本の常識は置いておき、短距離でもタクシーでホテルまで戻るなどの判断をしっかりして安全な移動を最優先にしましょう。

 

▶︎ Googleは便利なもので、日没を調べる簡単な方法があります。例えば、検索バーに、以下のように検索してみてください。例では「sunset in london」(ロンドン)としていますが、これを旅行先に書き換えます。するだけで、検索結果の一番上に、日の出と日の入りの時間が表示されます。

 

初心者の海外旅行における心得

日の出と日の入りの時間を簡単に調べる

 

パスポートのコピーを用意しよう

 

現地では身分証明としてパスポートを持ち歩きますよね。ですが、パスポートはセーフティボックスに入れておき、代わりにそのコピーを持ち歩くという方法もあります。もちろん原本が必要になる場面も稀にはあるものの、大抵の場合はこれで事足りるようです。スリなども多いので、極力大切なものは持ち歩きたくない場合はコピーを持っておきましょう。ただ、ゲストハウス滞在など宿泊場所のセキュリティに不安がある場合には、肌身離さず持ち歩くことをおすすめします。また、原本を常に持ち歩く場合でも、コピーをとっておくのはお勧めです。万が一パスポート原本を紛失した際には、一時的な証明としてコピーを提示することが出来ます。

 

町歩きのバッグ選び

 

海外旅行中に持ち歩くバッグはもう決めましたか?どんなバッグが良いかは旅行先にもよるところですが、特に海外旅行が初めての場合には、両手が空いて、必要ならバッグ本体を自分の前側に持ってくることのできる斜め掛けがお勧めです。バックパック等は両手が空くものの、後ろが見えないので中身を抜かれる危険性があるので避けた方が無難でしょう(鍵がかけられるものならOK)。日本にいると、まさかスリには合わないように思ってしまいますよね。でも海外では、相手が女性や子供でも注意が必要な地域も多いのが実情。現地の人との交流は楽しみつつ、常に自分の持ち物には目を光らせておきましょうね。

 

海外旅行でのスマホの管理

 

持ち物で言えば、(旅行のアプリを使いこなせば便利ですが)スマートフォンも取り扱い注意です。路上ではなるべく片手で持って歩かず、必要な情報はさっと出して確認できるよう予め保存しておくなどします。なぜなら、最近では手に持っているスマートフォンを自転車やバイクで通りすがりにひったくる被害が増えているからです。それから、路上での使用ルールも国によって日本とは違います。例えばハワイなどでは、歩きながらのスマートフォンには罰金が科されるのは知っていましたか?他にも国ごとに注意事項があるので、日本と同じと思わず、調べていって滞在中はルールを守るようにしましょう。

 

時には直感に頼ることも

 

最後に、海外旅行中は直感をぜひ研ぎ澄ましてみてください。これは、悪いことにも良いことにも当てはまります。「あれ、なんだか怪しい雰囲気だな」と感じたら無理せず他の場所に移動する、「このお店はガイドブックには載っていないけれど、素敵そう!」と思ったら入ってみる。こういうときの直感は、意外と頼りになるんです。ぜひ、ガイドブックやインターネットの情報のみを鵜呑みにせず、安全で思い出に残る旅行にしたいですね。

 

まとめ

 

この記事では海外旅行の初心者が忘れがちな重要ポイントについて、「計画」「荷造り」「フライト」「現地についてから」の4段階に分けて説明してきました。旅のイメージは出来たでしょうか?旅行保険やパスポートのコピーなどは特に忘れがちな事項ですから、よく準備してみてくださいね。

 

せっかくの初めての海外旅行。しっかり押さえるべきところを押さえて計画をし、思いっきり楽しみましょう!

 

この記事が気に入ったら「いいね!」をどうぞ


こんな記事もあります

Leave a Reply

  Subscribe  
Notify of

瞬間移動の実現もすぐそこ?未来のスゴい旅行方法3選(実現間近!)