外さないパリ!ガイドブックに載った中でも“本当に”美味しいスイーツ店5選

creme_brulee__cafe_des_2_moulins_by_deepseclusion-d5u8lic

 

パリの“本当に”美味しいスイーツ

 

パリに来たなら、本場のスイーツに出会いたいもの。そんなときガイドブックを開くと、美味しそうなお店がたくさん!「どこに行けばいいのかわからない。」と迷ってしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、ガイドブックに掲載されているお店の中でも「このお店を押さえればパリのスイーツを食した」と言える5選を紹介します。実際に私が訪れて厳選したお店の数々です!

 

要チェックの人気記事

 

1:Pierre Herme(ピエール・エルメ)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

(Image: Travel Moments In Time)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

(Image: What Lucy Are Next, Source: Pierre Hermé)

青山店やデパートなど日本でもお馴染みの、ピエール・エルメマカロン。定番のパッションフルーツやローズの他に、ジンジャーオリーブオイルなど、ほかの店では味わえない、斬新で洗練されたマカロンがおいてあるのはピエールだけ!

 

 

2:Angelina(アンジェリーナ)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

(Image: by Yurie Hiwatashi)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

モンブラン (Image: by Yurie Hiwatashi)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

ショコラショー (Image: by Yurie Hiwatashi, Source: Angelina)

パリの老舗高級サロン・ド・テ(Salon deThé:喫茶店)のアンジェリーナ。濃厚なマロンクリームのモンブランが有名ですが、ショコラショーも隠れた人気。濃厚なカカオが口いっぱいに広がり、一度食べたら忘れられない思い出の味になります。

 

 

3:Café des Deux Moulin(カフェ・デ・ドゥ・ムーラン)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

(Image: Fine Art America)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

(Image: E Online)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

クリームブリュレ (Image: deviant art, Source: フリーで楽しむパリ旅行)

カフェ・デ・ドゥ・ムーランは映画「アメリ」の主人公が働いていたカフェです。店内にはアメリのポスターが貼られ、アメリ好きの観光客が多く訪れます。やはりここでは、クリームブリュレを食べていただきたい!このお店は、決して映画の舞台だから人気なわけではありません。表面のカラメリゼは香ばしくてカリカリしており、中のクリームは濃厚で、この味を求めて何度も訪れたくなります。

 

 

4:A la Mère de Famille (ア・ ラ・メール・ド・ファミーユ)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

(Image: flickr)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

(Image: Justacote)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

(Image: madame, Source: Soulfuldress, トラベルノート)

パリでもっとも古い老舗コンフィーズです。(「コンフィーズ」とはキャンディーやキャラメルなどの砂糖菓子専門店という意味)フランスでは、焼き菓子は「パティスリー」などのように、得意としている分野ごとにお店の呼び名が違います。ここア・ ラ・メール・ド・ファミーユでは、売上の8割がショコラという本格的なショコラが味わえます。このお店は日本未上陸なので、一足先に訪れてみては?

 

 

5:Carrefour Market(カルフール・マーケット)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

(Image: Cres)

ガイドブックに載った“本当に”美味しいスイーツ店

(Image: Tanio, Source: Paris Navi)

会社や学校用に、安い“ばらまき用”のお菓子が欲しい。パリの観光でお金を使ってしまって、できるだけ安くお土産は済ませたい・・・。そんなときはスーパーに!現地に暮らしている日本人ガイドさんに聞いたところ、お土産はいつもスーパーのお菓子で十分とのこと。それほどパリのお菓子水準は高いのです!おすすめは、一つ一つ包装されたマドレーヌや日本でもお馴染みのLINDT(リンツ)板チョコ。リンツの本社はスイスですが、フランス産のリンツもあります。クリームブリュレやマカロンなどフレーバーのレパートリーが豊富です。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。 パリには、ほかにも美味しいスイーツ店がたくさんあります。ガイドブックを制覇された方は、ぜひいろんな場所に出向き、あなただけのガイドブックを作ってみてください!

 

 

Facebookページがオススメです!

Facebookページにいいねをしておくと、自動で最新記事が受け取れて、この上なく便利です。

気に入ったらシェアをお願いします!

人気の記事はいかが?

The following two tabs change content below.

Yurie Hiwatashi

Yurie Hiwatashi: Editor

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)