9つの要点で知るジェラバ!モロッコ女性の露出を抑えたオシャレ伝統衣装

モロッコ,ジェラバ,民族衣装,伝統衣装,女性,服装

Image: EnRoute

 

 

ジェラバは「イスラム教という観点からモロッコ女性の肌の露出を抑えた伝統衣装」そして「高いファッション性を持った服装」です。

つまり、文化や伝統に配慮しつつも、お洒落である、という大変興味深い民族衣装なのです!

 

*情報元:自身のモロッコでの居住体験+Morocco World News

 

まずは「ジェラバってなあに?」という方へ。

下の「1分で分かるジェラバ紹介ビデオ」をご覧下さい!

 

 

さて、大まかに雰囲気を掴んでもらったところで、以下のまとめをどうぞ!

 

1. ジェラバはモロッコ特有の民族衣装!

 

220px-Morocco,_djellaba,_end_of_20th_century_-_Bunka_Gakuen_Costume_Museum_-_DSC05317

ジェラバ(Djellaba)モロッコに伝わる民族衣装です。冒頭では女性についての話題となりましたが、ジェラバはモロッコの男性も女性も着用する伝統衣装です。男性が着ればかっこよく、女性が着れば美しくという素晴らしい服装なのです(*個人的には、夜道でジェラバを着たおじさんに遭遇すると、ビクッとなりますが…)。男性用の民族衣装として語られる事がありますが、これは男性が先にジェラバの着用を行ったという説から来ています。
 

2. ジェラバで女性の肌の露出を防ぐ

 

ジェラバ体全体を覆うデザインでつくられています。これをすっぽりと着込めば、肌の露出を最低限に防ぐ事ができます。イスラム教国であるモロッコにおいて、これは非常に理にかなっています。

 

3. ジェラバは女性がお洒落に着こなすファッション

 

民族衣装というと、どこか「古くさい」印象を受けるかもしれません。しかしジェラバにそんな言葉は通用しません。モロッコの町を歩くと分かりますが、若い女性もよくジェラバを身に付けています。ピンク黄色・・・など様々な色のバリエーションもあり、非常にファッションとしてもお洒落だと言えます。

 

4. ジェラバは「絵になる男」が着る服?

 

 

ジェラバはイイ感じの絵になります。上の写真はモロッコの港湾都市エッサウィラで撮影したものです。かっこいい海の男+ジェラバといった具合でしょうか。

ちなみに、「ジェラバと同じ形だけどよく見ると漁師の服」というパターンもありました。周りを飛び交うカモメも絶妙な雰囲気じゃないですか…?

 

5. ジェラバは気軽で便利な服装

 

ジェラバの中はパジャマだ!」という人は割と多くいます。これもジェラバのいい所の一つでしょう。朝起きて、色々と着替えるのが面倒な時には、パジャマの上からジェラバを一着被れば完了です!便利な服装ですね。

 

6. モロッコの気候にもあった服装

 

赤道付近に位置するモロッコでは日中の温度が恐ろしいまでに上昇する事も多々あります…。そんな場所だからこそ、ジェラバの本領が発揮されます。ジェラバにはフードがついています。

 

 

日差しが強い日にはこれを被るだけで、帽子の役目を果たしてくれます。フードを被ると先っぽが“ちょん”と立って、何だか可愛いデザインです。(日本の女子高生の間で流行る日が来るとか来ないとか…。)

 

7. どこでも着られる服装ジェラバ

 

そのお手軽さ(先ほど触れた内容です…)から、ジェラバは、家での着用が一般的である事は想像頂けるでしょう。これに加えて、町中、さらには、伝統衣装である事からも分かる様にモスクで着用する事もできる服装です。

ジェラバを着用してモスクに行く人もいれば、他の服を着て礼拝に行く人もいます。例えば、他にも、アバヤというものもあります。

 

8. 女性がスカーフとジェラバを着用した時代

 

過去、モロッコでは女性がジェラバと共にスカーフ(正確には「ヒジャブ」)を着用する事が一般的でした。しかし、現代でのジェラバ着用は少し異なり、スカーフが無い形が若い女性の間で広く受け入れられています。

ただし「お母さん世代」以上の女性は、ほとんどが、スカーフ+ジェラバで決め込んでいます。

 

 

スーパーやスーク(つまり市場)で買い物をする時には、買い出しに来ているお母さんのジェラバチェックをするのも、面白いかも…?(決して、女性をジロジロ見ないように…。)

 

9. 今風のジェラバにはこんな特徴も

 

上の話に加え、現在では、(特に若い女性の着用するジェラバにおいて)フードが無いものも見られます。

ジェラバの特徴の一つがこのフードなので、これが無くなると、少し「なんの服装なのか」が分かりづらくなるものです。さらに、丈が短いデザインのジェラバすら存在しています。

伝統衣装であるとは言え、時代と共にファッション的視点も巻き込んで、進化を遂げているのです。ジェラバは奥が深いですね!